« 『スウェプト・アウェイ』『ミラーを拭く男』 | トップページ | 『イキガミ』 »

2009年5月 8日 (金)

ガイ・リッチーを考える

『スウェプト・アウェイ(Swept Away)』では、幸せボケですっかり評判を下げてしまった(?)ガイ・リッチー監督やけど、このイギリス人、なかなかの才能の持ち主なんよねぇ♪

てなわけで、今日はそんな監督ガイ・リッチーを考えてみましょ!

彼を語る上では、何と言っても長編処女作の『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(Lock, Stock & Two Smoking Barrels)』やろね。

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ / Lock, Stock & Two Smoking Barrels   ★★★★☆  (1998年)

出演:ニック・モラン、ジェイソン・ステイサム、ジェイソン・フレミング、ヴィニー・ジョーンズ、スティング

マフィアのボス相手にカードで一儲けを企む青年は、逆に多額の借金を作ってしまい、期限までに返済を迫られる。仲間3人と思案した挙句、隣に住むギャングの強盗の計画をたまたま耳にし、横取りすることを決意するのだが...ってな、クライム・コメディ。

とにかく小気味いい!麻薬の売人や黒人ギャング、ヘボいこそ泥に子供思いの借金取りまで絡んで、話が連鎖的に展開していくんよね。それぞれの思惑が交差しながら、作用と反作用を繰り返したどり着くエンディングが、また小洒落ててク~ル!(笑)

監督ガイ・リッチーのアイデアとセンスに脱帽ってな作品!?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そんな前作の成功の勢いそのままにスケール・アップしたのが『スナッチ』

スナッチ / Snatch  ★★★☆☆ (2000年)

出演:ベニチオ・デル・トロ、ヴィニー・ジョーンズ、ブラッド・ピット、ジェイソン・ステイサム、デニス・ファリナ

2作目は巨大なダイヤを巡り、NYのマフィアから賭けボクシングのプロモーター、ユダヤ人になりきる宝石商、KGBくずれのマフィアにプロの殺し屋、黒人のチンピラからジプシーまで、様々な面々が大騒ぎってね!(笑)

前作と変わらないテイストで、思惑がぶつかり合いながら、テンポよく話が展開していく。ブラピやデル・トロが出てくるあたりが豪華になったってか(笑)個人的な好みとしては、前作のシンプルさが好きやっただけに、作品として少々欲が出すぎかなぁ、という感じなんやけど、それでも十分楽しめる内容やね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、アメリカでの失敗(?)から復活を期して出来上がったのが『リボルバー』!残念ながら酷評されて、日本ではイマイチやったけど、個人的には久々の“リッチー節”で満足やったんやけどね!

リボルバー / Revolver   ★★★★☆  (2005年)

出演:ジェイソン・ステイサム、レイ・リオッタ、マーク・ストロング、アンドレ・ベンジャミン

今回は、カジノ王への復讐を誓い、刑務所を出てきたギャンブラー、目的を果たすも、逆に命を狙われることに。そんな彼を救ったのは、謎の二人組み...複雑に絡み合う思惑、勝負の行方は...ってね。

出だしから相変わらずの“ツカミ”の上手さで、一気に引き込まれてまうんよなぁ!?いつもながら抜群の音の使い方と斬新な映像が Good! やったね。単純な復讐ドラマにせずに、哲学的、精神論的な要素を入れたことは、賛否両論なんやろうけど、強烈な個性を作品のなかに築くという意味では、ピカイチ!“ピカ”と言えば、いつも頭がまぶしい“ハゲのカリスマ”ジェイソンくんが、頭に髪を付けてて、ちょっとオチャメ?!(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最新作は、今年初めに公開されてた『ロックンローラ』

ロックンローラ / Rocknrolla   ★★★★☆   (2008年)

出演:ジェラルド・バトラー、トム・ウィルキンソン、タンディ・ニュートン、マーク・ストロング、トム・ハーディ

ロンドンの裏社会を牛耳る男、そんな彼に騙され、借金を抱えるチンピラ達、土地で一儲けを企むロシア人、そしてヤク中のミュージシャン、そんな彼らが複雑に絡み合いながら、金と“幸運を呼ぶ絵”を巡り大騒ぎ...ってね!?

またまた出だしからガツンとくるリッチー節、たまらんねぇ(笑)彼の原点である『ロック・ストック~』を彷彿とさせる、なんて評判やったけど、ホンマそんな感じやったね。

ノリノリの音楽に乗せて、軽妙に進む犯罪ドラマ、絵をうまく小道具に使い、それぞれの思惑が交差する様を独特の雰囲気で描いてた。ヒネリの効いた展開は、最後まで行くとニヤリと笑わせる...続編を予告するところが、更なる期待を持たせるよなぁ!?

安っぽいクライム・コメディにならないのは、個々のキャラの個性と強烈な主張が、観る側を惹きつけるからなんやろね。いやぁ~、おもろかった!?(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

...ってなわけで、要するにガイ・リッチーの良さってのは、個性的なキャラを駆使しながら、巧みに物語をまとめあげ、それをセンスのいい映像や音楽で仕上げるってとこなんかな。一度はまるとクセになる...そんな彼の世界に是非触れてみたってなぁ~ってね!(笑)

『ロックンローラ』はまだレンタル開始になってないんで、観てない人は乞うご期待!? 

« 『スウェプト・アウェイ』『ミラーを拭く男』 | トップページ | 『イキガミ』 »

特集?!」カテゴリの記事