« 『永遠のこどもたち』 | トップページ | 『インスタント沼』 »

2009年5月24日 (日)

『消されたヘッドライン』『セブンティーン・アゲイン』

公開中の作品から感想を2つ!今週の作品は、ちょっとおススメ!?

消されたヘッドライン / State Of Play   ★★★★☆

監督:ケヴィン・マクドナルド

出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン、ロビン・ライト・ペン、ジェイソン・ベイトマン、ジェフ・ダニエルズ

貧しい黒人少年が殺された事件と国会議員の部下である女性の地下鉄での死、ふたつの事件を追いかける記者は、軍事企業による陰謀の可能性を疑うのだが...ってな社会派ドラマ。

事件の核心へと徐々に近づきながらも、二転三転する展開、そして友情やかつて好きだった人への秘めた想い、ジャーナリスト魂、様々な感情を交じえながら小気味よく進む話は、ノンストップでぐいぐいと観る側を引っ張っていくんやなぁ。

ワクワクさせる緊迫感、たまらんです。

メタボリックな腹を揺すりながら走るラッセルくんの奮闘ぶりと、知的な魅力を振りまくレイチェル嬢にやられてもうた...!?(笑)

国家を巻き込んだ国防にかかわる陰謀、それを突き止め、暴こうとするジャーナリズム、何となくリアリティのある話の設定が、興味を湧かせるんやろね。

ハイテンションで突っ走るサスペンス、ブラボーでんがな!?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

セブンティーン・アゲイン / 17 Again   ★★★★☆

監督:バー・スティアーズ

出演:ザック・エフロン、レスリー・マン、トーマス・レノン、マシュー・ペリー、ミシェル・トラクテンバーグ

バスケット選手としての道と妊娠した恋人との結婚、高校生のときに下した決断を悔いたまま20年間“いじけた人生”を送ってきた男が、ひょんなことから肉体だけあの頃に戻り、忘れていた大切なことに気づくってな、ファンタジー・青春ドラマ?!

ディズニーの『ハイスクール・ミュージカル(High School Musical)』でお馴染みのザック・エフロン主演とくれば、アイドル映画かと思ったら...やられてもうたよ。こんな作品に涙するとは...(笑)

友人の助けを借りて高校に転入すると、息子はイジメられていて、娘はアホな彼氏とイチャついて、挙句に離婚訴訟中の妻にはデートの相手が...「どげんかせんといかん」...ってね!

家族を顧みず、妻を責めながら、無責任に生きてきた父親が、反省し、必死に子供たちを守り、妻の気持ちを取り戻そうと奮闘する、そんな様が、コミカルに描かれてるんよね。

この手の設定はありがちながら、嫌味なく、ユーモアを効かしながら、ここぞの場面で涙腺をくすぐる...やられてもうた。

とりあえずオイラもメタボなお腹を凹ませて、もう一度“青春”...アカンかなぁ(苦笑)

« 『永遠のこどもたち』 | トップページ | 『インスタント沼』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事