« 『ブタがいた教室』 『犯人に告ぐ』 | トップページ | 『人生に乾杯!』 »

2009年7月18日 (土)

旅するジーンズと...ちょっと甘酸っぱい青春のお話...?!

原作を読んで映画を観ると、よくがっかりしてまうよね。文字で書かれたものを、そのまま映像にするのって難しいんやろなぁ。映画になると、尺の問題もあったりで、内容をかいつまんだり、設定を変えたりってするもんやから、気づいたら別物に仕上がってたりしてね(苦笑)

でも、ごくまれに原作も映画も気に入ることがある。それが今日紹介する『旅するジーンズ』なんやねぇ。

4人の幼なじみの女の子が手にした1本のジーンズにまつわる、彼女たちの青春の日々を描く物語なんやけど、原作は4冊で、16歳の夏から4年分の夏の思い出を綴ってある。

最初の映画で感動して、夢中になって原作読んでまたホロリときて、続編の映画を観てまた感動...!?(笑)

残念ながら映画は原作どおりやなく、2本だけなんやけど、原作の良さを活かしつつ、いずれも爽やかな感動を与えてくれるんよなぁ。

というわけで、気合を入れて...おススメ♪

旅するジーンズと16歳の夏 / Sisterhood Of The Traveling Pants   ★★★★

監督:ケン・クワピス

出演:アンバー・タンブリン、アメリカ・フェレーラ、アレクシス・ブレーデル、ブレイク・ライヴリー、ジェナ・ボイド

同じ年に生まれ、以来ずっと一緒に過ごしてきた仲良し4人組の女の子たち、16歳の夏は初めて別々に過ごすことに。そんな彼女たちが手にした1本のジーンズは、夏の想い出と一緒にギリシアからアメリカ、そしてメキシコへと、それぞれの元を旅していく...ってな彼女たちの青春のお話。

まったくタイプの違う個性的な彼女たち、それぞれの“夏の日”には、恋や友情、家族のこと、そして生きるということについて真剣に向き合い、考えさせる出来事が起こるんよなぁ。

それぞれに悩み、とまどいながらも一歩ずつ大人になっていく彼女たちの姿が、とっても温かく描かれてるんやね!?

軽い気持ちで観始めたら、グイグイと引き込まれ、しまいには思いっきり涙を流してもうたよ!?そんでもって、観終わったときに、とっても清々しく、そして微笑ましい気持ちにさせられてまう、見事な演出やった(笑)

それはきっと、一本のジーンズで繋がる彼女たちの友情の美しさと、そして10代の純粋さの中に煌く真剣さが描かれてるからなんやろなぁ!?

こいつは傑作やね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

旅するジーンズと19歳の旅立ち / Sisterhood Of The Traveling Pants 2   ★★★★

監督:サナー・ハムリ

出演:アンバー・タンブリン、アメリカ・フェレーラ、ブレイク・ライブリー、アレクシス・ブレーデル

不思議なジーンズで結ばれた、幼なじみの女の子4人組の恋と友情を描いた、シリーズ第2弾!?

前作で高校生だった彼女たちも大学生になり、それぞれが抱える恋の悩みや人生の目標、家族、そして友達との絆は...ってね!

まわり道しながらも、互いに支えあって前に進もうとする姿は、今作もなかなか!?キャストも変わらず、今回もキャラクターごとに十分に魅力が出てたね。

ただ、4作ある原作の3作分のエピソードを縮めてるところが、ちょっと残念?!原作にはもっと涙目話が...。とっ、愚痴を言ってみたものの、成長していく彼女たちの様子をスクリーンで見てると、またまた夢中になってもうた!?

必要なときにそばにいて、支えあうのが親友、そんなことの大切さを、まぶたを熱くしながら、しみじみと感じてもうたんよなぁ(笑)

彼女たちの青春物語は、爽やかな風とともに、心を吹き抜けていく...ってね!?

“青春 サイコー!”(笑)

« 『ブタがいた教室』 『犯人に告ぐ』 | トップページ | 『人生に乾杯!』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事

特集?!」カテゴリの記事