« 『その男は、静かな隣人』 『ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で』 | トップページ | 『あの日の指輪を待つきみへ』 »

2009年7月15日 (水)

『ファイティング×ガール』

劇場未公開作品がすべて駄作かって言うと、必ずしもそんなことはないんよね。

かつては“ラブコメの女王”と言われたメグ・ライアンも、ジェーン・カンピオンの監督する『イン・ザ・カット(In The Cut)』で初めてスクリーンで肌を晒すってことが話題になりながら、作品自体があまりにもデキの悪い内容やったせいでコケてしまい、以来すっかり落ち目になってもうたわけやけど、それでもそれ以降の公開されずに日陰に追いやられた作品にも、中にはキラリと輝くものがある作品もある。

てなわけで....「頑張れメグ・ライアン!」ってことで、昨日に引き続き、今日も主演作をご紹介!こいつは、ちょっとおススメやでぇ♪

ファイティング×ガール / Against The Ropes   ★★★★   (2004年)

監督:チャールズ・S・ダットン

出演:メグ・ライアン、オマー・エプス、トニー・シャルーブ、ティム・デイリー、ケリー・ワシントン、チャールズ・S・ダットン

ボクシング界では有名な、実在の女性ボクシング・マネージャーをモチーフにしたサクセス・ストーリー。どうしようもないチンピラを一流のボクサーに、腕利きのトレーナーと力を合わせ、彼女たちのサクセス・ストーリーは始まる...ってね!

いやぁ...こういうの好きやねぇ(笑)男社会に果敢に挑む一人の女性、そして社会の底辺から拳ひとつで這い上がる男。

成功への道のりは紆余曲折があって、幾度となく困難にぶつかるんやけど、それでも間違いや弱さを克服して、最後には....ってね。

いたってB級な作りながら、心を揺さぶるドラマがここにはあるんやなぁ。メグ嬢の演技、エエですよ!

それに、トレーナー役で監督のダットン自ら出演してるんやけど、彼の持ってる優しさの様なものが、作品全体に出てるんかもね?!

意外なほどに涙ものの作品やった。こいつは、かなり拾い物?!

« 『その男は、静かな隣人』 『ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で』 | トップページ | 『あの日の指輪を待つきみへ』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事