« 『アラトリステ』『ビューティフル・ルーザーズ』 | トップページ | 『明るい瞳』 »

2009年7月 2日 (木)

『蒼ざめた官能』

最近レンタルした作品のなかで見つけた、ちょっと気になる映画をおススメ!

蒼ざめた官能 / Azul Oscuro Casi Negro   ★★★★

監督:ダニエル・サンチェス・アレバロ

出演:キム・グティエレス、マルタ・エトゥラ、アントニオ・デ・ラ・トレ、エクトール・コロメー、ラウール・アレバロ、エバ・パラレス

病気で倒れた父の仕事であるビルの管理人をやりながら、寝たきりの父の介護をする青年。そんな彼に、刑務所にいる兄から恋人の女囚を妊娠させて欲しいと頼まれるのだが...ってな、ちょっと変わったスペイン映画。

これはいいドラマに仕上がってる作品やったねぇ。

叶いそうで叶わない夢、父親の介護、恋人との微妙な距離、そして兄の無茶な頼みごと、どこか歯車の狂った人生から抜け出そうとする主人公の未来は、思わぬところにあった...ってね?!

どこかシュールで、アンバランスでありながら、静かな流れのなかに、変化という力強さのある作品やった。

いかんせん、こんなもろにエロス志向なタイトルによって、この作品は不当な扱いを受けてまうんやろなぁ。原題は「限りなく黒に近い青」やのに、内容の一部だけを取り上げて、こんなタイトルをつけてまうなんて...情けない!(苦笑)

ということで、この新たな才能を埋もれさせないために、ささやかな抵抗ということで“おススメ”!?

« 『アラトリステ』『ビューティフル・ルーザーズ』 | トップページ | 『明るい瞳』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事