« 『湖のほとりで』 | トップページ | 『20世紀少年』祭り♪ 2 »

2009年8月30日 (日)

『20世紀少年』祭り♪ 1

この週末の話題といえば、世間的には選挙なんやろうけど、映画好きにとったら....やっぱり『20世紀少年』なんやろかねぇ?!

この作品、実は最初はとっても乗り気やなかったんよなぁ。原作者の浦沢直樹は知ってたんやけど、この「20世紀少年」自体は知らんかったし、ましてや主要キャストに苦手な役者が2人もいるとなると、ちょっとなぁ...ってね!

でも、たまたまレンタル屋で手にとって借りてみると....なんや、不覚にもハマってもうたんよなぁ!(苦笑)

というわけで、「“ともだち”は誰やねん!?」って、つぶやきながら、鼻水たらしつつ(ちょっとカゼ気味でして....)、レイトショーに直行!お鼻ふきふき、「ホンマかいな!」って...。

そんな感想は....明日にするとして、まずは最終章までの道のりを...ね!?(笑)

20世紀少年   ★★★☆☆

監督:堤 幸彦

出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、佐々木蔵之介、宇梶剛士

小学生の頃に書いた「よげんの書」、何者かがそれを実行し、世界征服を企んでいた。中年になったかつての仲間たちは、地球を救うため、立ち上がるのだが...?!

あまり期待せずに観てたんやけど、気づいたら“前のめり”!(笑)

正体不明の敵、正義のヒーロー、そんな子供心にあったものをくすぐる辺りが、この話の上手いところやね。コメディよりな堤くんの作風に、いつもながら少し“やりすぎ”感を感じつつも、全体的に悪くなかったかな。

しかしながら、同じように70年代に幼少期を過ごした者としては、ちょっとノスタルジックな気分にさせられるよなぁ。基地作って遊んだりしたもんなぁ...なんて♪

それにしても.....大挙して出演してる吉本芸人は、なんやろね(苦笑)ここらへんに日本映画の限界を感じてまうよなぁ...?!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

20世紀少年<第2章>最後の希望   ★★★☆☆

監督:堤 幸彦

出演:豊川悦司、常盤貴子、平 愛梨、香川照之、宇梶剛士、小日向文世、黒木 瞳

“ともだち”が人類の救世主として権力を握る2015年、「よげんの書」の続きを書いた「新よげんの書」に従い、人類は滅亡へと向かっていた...ってな、3部作の第2弾!?

正体不明の“ともだち”の謎を追いながら、必死に抵抗しようとするケンジの姪のカンナとその仲間たち、果たして...って言いつつ、第2弾は最終章の序章に過ぎずってことで、例の如く、すっきりせずに to be continued ...ってね?!(苦笑)

断片的に話がつながっていき、徐々に真相に迫る...ってことなんやろうけど、どないやねんて。まぁ、そう思ってる時点ではまってるってか??(笑)

今回も堤くんの“やりすぎ感”に戸惑いながら、元ネタがいいのか、楽しめてまうから不思議やね。

この第2章の主役の平くんは、活発なところはいいんやけど、やっぱりセリフがまだ言えてないんよなぁ。かわいいけどね(笑)

う~ん、それにしても....結末はどないやねんって!?禁断症状でそうやなぁ....ん??

« 『湖のほとりで』 | トップページ | 『20世紀少年』祭り♪ 2 »

特集?!」カテゴリの記事