« 『3時10分、決断のとき』 | トップページ | 『コンフェッティ 仰天!結婚コンテスト』 »

2009年8月26日 (水)

『ブロークン・トレイル 遥かなる旅路』

昨日もおススメした西部劇、確かにクリント・イーストウッドの『許されざる者』以降は、大して話題になるような作品ってなかったかもね。無骨な男くさいドラマってのも、今の時代には流行らんのかなぁ...などと思いつつ、でも、いろいろ探してみると、結構いいものがあったりして。ってことで、今日はもうひとつ西部劇をおススメ♪

ブロークン・トレイル 遥かなる旅路 / Broken Trail   ★★★★

監督:ウォルター・ヒル

出演:ロバート・デュヴァル、トーマス・ヘイデン・チャーチ、グレタ・スカッキ、スコット・クーパー、ラスティ・シュウィマー、クリス・マルケイ

19世紀後半のアメリカで、馬を売却するために西部の荒野を数百頭の馬を連れて旅する男達、途中で人身売買された中国人の少女たちを助け、ワイオミングまで旅をする....ってな、ちょっと風変わりな西部劇?!

不器用で心優しいカウボーイと見知らぬ土地で悲しみに耐える中国人女性たち、そんな組み合わせが生み出す人間模様は、ジンワリと伝わるんやなぁ。

なんと言ってもデュヴァルの老カウボーイぶりが、抜群の味わいやったね。無口なトーマスくんの渋みと相まって、絶妙なハーモニーってね♪

正義のために、そして自らの誇りを失うことなく生きる、そんな男たちの骨太なドラマに夢中にさせられてもうたよ。

それにしても、雄大な大自然のなかを馬を追って旅する、あぁ...カッコよすぎです!?(笑)3時間弱の長さもまったく気にならない、素敵なドラマやったなぁ。

« 『3時10分、決断のとき』 | トップページ | 『コンフェッティ 仰天!結婚コンテスト』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事