« 『スキと言って!』 | トップページ | 『Winds Of God ウィンズ・オブ・ゴッド』 »

2009年8月14日 (金)

『青い鳥』

レンタルが開始されたばかりの邦画で、ちょっといいのがあったので、ご紹介!

青い鳥   ★★★★

監督:中西健二

出演:阿部 寛、本郷奏多、伊藤 歩、井上 肇、重松 収、大谷尚輝、三浦 萌、宮崎悠里

いじめ問題があった中学校、事件のあったクラスに臨時教師としてやってきた男は、不器用ながらも生徒達と正面から向き合い、何かを伝えようとするのだが...ってな、教育問題を考えるドラマ。

事件を忘れ、平静さを取り戻しつつある学校で、自殺未遂となり転校した生徒の机を戻し、毎日声をかける教師、それに戸惑う生徒たち、果たして彼の行動の真意とは...?!

ブラボーでんなぁ!(笑)

吃音(どもり)でうまくしゃべれない先生は、決して熱血ではないんやけど、優しさと厳しさを併せ持つ、魅力的なキャラやったね。それを、今回は笑いなしで控え目に演じる阿部ちゃんの存在感はなかなか。

クラスメイト役の少年を演じる本郷くんが、これまたいい演技してたなぁ。拭い去れない気持ち、苦しみ、悩み、それを繊細に表現するんやね。

上辺だけの“反省”に意味はなく、忘れたらアカン過去もある。他人の痛みを知ることの大切さと、それを伝える難しさを感じさせられてもうたね。

「強くならなくていい。弱いから一生懸命頑張るんだ」、たどたどしい口調のそんな言葉が、じんわりと心に響くんやなぁ。

とっても地味な展開のなかに、問題の本質を突く力強いメッセージがこめられた作品は、お見事なデキばえやったね!?(拍手)

« 『スキと言って!』 | トップページ | 『Winds Of God ウィンズ・オブ・ゴッド』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事