« 『ママ男』 | トップページ | 『グッド・バッド・ウィアード』 »

2009年9月19日 (土)

『コドモのコドモ』 『檸檬のころ』

★3つばかりださずに、たまにはダメだしせんとなぁ....ってことで、今日は、ダメな日本映画の2本立て?!(苦笑)

コドモのコドモ   ★★☆☆☆

監督:萩生田宏治

出演:甘利はるな、麻生久美子、宮崎美子、谷村美月、草村礼子、斉藤 暁、北見敏之、塩見三省、光石 研、上野樹里、伊藤梨沙子

小学校5年生の女の子がクラスメートと遊んでいて妊娠し、それを子供たちだけで出産するってなお話!?

少子化をぶっ飛ばすのは、もうこれしかないってか!(苦笑)ありえへんでしょ!?

小学生の妊娠によって、命の尊さを伝える??まるで学芸会のような内容に、子供を産み、育てるという責任感のかけらもなく、まわりの大人も「よく頑張った」って....そりゃあんた、あまりにも軽すぎまっせ。

非現実的な設定で伝えたいメッセージがあったんかもしれんけど、この内容では、子供は宝、年齢に関係なく、とりあえず作れってことしか分からんて。ひど過ぎやなぁ。

だいたい、一緒に生活しながら、子供の体型に気づかない周囲の大人の無関心に違和感ありまくりやし、最初から最後まで、観ててイライラしてもうた(苦笑)

こんな映画を作る意味がわからんよなぁ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

檸檬のころ   ★★☆☆☆

監督:岩田ユキ

出演:榮倉奈々、谷村美月、柄本 祐、石田法嗣、大地康雄

高校3年の夏、恋をした女子高生たちの恋愛ドラマ?!

タイトルからすると、ちょっぴり甘酸っぱく、切ない、初めての恋...なんて話を想像するよなぁ。それに引き換え、このジメジメと重たい感じはなんなんやろね(苦笑)

まぁ、若い役者を使ってるだけに、しょうがないんやろうけど、演じる側の問題だけやなくて、演出する側もたいがいやなぁ。

まとまりがなく、中途半端、青臭いドラマにリアリティはなく、主要キャストと思いきや、なぜか途中でフェイドアウト...どないしたかったんやろね。愛想笑いをする気力もなくなってもうたよ。

救いは、エキセントリックな谷村くんの演技かな?!それにしてもヒドすぎ!?

« 『ママ男』 | トップページ | 『グッド・バッド・ウィアード』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事