« 『幸せはシャンソニア劇場から』 | トップページ | 『誰も守ってくれない』 »

2009年9月14日 (月)

『コーラス』

昨日の『幸せはシャンソニア劇場から』の監督クリストフ・バラティエと主演のジェラール・ジュニョは、実は前にも組んで作品を作ってるんよね。それがまた、なかなかの秀作で....ってことで、おススメ♪

コーラス / Les Choristes   ★★★★   (2004年)

監督:クリストフ・バラティエ

出演:ジェラール・ジュニョ、フランソワ・ベルレアン、ジャン=バティスト・モニエ、ジャック・ペラン、マリー・ブネル、カド・メラッド、マクサンス・ペラン

戦後間もないフランスで、教師としてのキャリアに挫折した男が辿り着いたのは更正施設の舎監。問題児たちに手を焼きながらも、校長のやり方に疑問を感じ、コーラスを教えることで子どもたちとの距離を縮める、ってなフレンチ・ドラマ。

歌を歌うことで、子供たちの素直な笑顔を取り戻す、エエ話やよなぁ(笑)

音楽の素晴しさがかなり評判になってたけど、その通りやったね。ソプラノの少年の声はどこまでも澄み切っていて、心に沁みこんでくる。

作品としても、感動を押し付けることなく、愛情に飢えた子どもたちと正面から向き合う教師の真摯な姿勢や、それに応える子どもたちの無邪気な笑顔を、さりげないユーモアを散りばめて、うま~くまとめ上げてる。

“泣ける”って感じの作品ではないんやけど、なんや爽やかな後味を残す、素敵な映画やったね。

ブラボーなデキばえ!(パチ パチ)

« 『幸せはシャンソニア劇場から』 | トップページ | 『誰も守ってくれない』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事