« 『ゴースト ニューヨークの幻』 | トップページ | 『男と女の不都合な真実』 »

2009年9月25日 (金)

『西の魔女が死んだ』

ちょっと前に話題になってた邦画の感想を、ひとつご紹介?!

西の魔女が死んだ   ★★★☆☆

監督:長崎俊一

出演:サチ・パーカー、高橋真悠、りょう、大森南朋、木村祐一、高橋克実

登校拒否になった中学生の孫とおばあちゃんの交流を描いたドラマ。

学校を休み、いなかで暮らす祖母と一緒に生活することになった少女は、そこで魔女修行をすることに...?!

優しく包み込む愛情、なかなかの癒しやったね。多感な思春期の悩みに穏やかに語りかけながら、人生に大切なものを伝えていく、核家族の中で孤立する子供たちに、必要なものが描かれてるんかもね。

ちょっと他人行儀なおばあちゃんの語り口に違和感がありありやったけど、まぁ、悪くない作りの作品やったかな。評判ほどの感動は、正直なかったんやけど...。

それにしても、自然に囲まれてのスローライフ、憧れまんなぁ(笑)

« 『ゴースト ニューヨークの幻』 | トップページ | 『男と女の不都合な真実』 »

映画」カテゴリの記事