« 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』 | トップページ | 『西の魔女が死んだ』 »

2009年9月24日 (木)

『ゴースト ニューヨークの幻』

今週のおススメ恋愛映画は、この作品!恋愛映画って枠でくくるのは、ちょっと違うんかもしれんし、誰もが知ってるような作品を今更....ってな気もするんやけど、今日はワケあって取り上げたいなぁって思う。

そう、先週、この作品の主演のパトリック・スウェイジがガンで亡くなったってニュースがあったんよね。「『ゴースト』の~」って記事に書かれるくらい、これが彼の代表作やった。他にも『ダーティー・ダンシング』での華麗な踊りや、『シティ・オブ・ジョイ』なんていういい作品もあるんやけど、この作品を取り上げて、彼の冥福を祈りたいと思うんやね。

ゴースト ニューヨークの幻 / GHOST   ★★★★   (1990年)

監督:ジェリー・ザッカー

出演:パトリック・スウェイジ、デミー・ムーア、ウーピー・ゴールドバーグ、トニー・ゴールドウィン、スーザン・ブレスロウ、マルティーナ・デグナン

強盗に襲われ、命を落とした銀行員、死を受け入れられず、戸惑いながら、彼の死を悲しむ恋人を見守る。やがて、自分を殺した犯人が、彼女をも狙っていることを知った彼は、必死に愛する者を守ろうとするのだが...ってね?!

幽霊になった彼と生きている彼女の間の恋を軸にしながら、犯人を追いかけるサスペンスの要素や、彼の声を伝えるイカサマ霊媒師のコミカルさを加え、それをファンタジーで描く、あの当時としては、斬新な作品やったよね。

“男”目線でいうと、何と言ってもボーイッシュなデミー・ムーアのかわいいこと!今ではすっかり貫禄ついてもうたけど(苦笑)それといかにも善人なパトリックくんが、THE RIGHTEOUS BROTHERS のメローな曲をバックに、ふたりでロクロを回せば....何度観てもロマンチックな気分になるやんか♪

「あぁ...ロクロ回したい...」って、みんな思ったやんね?!えっ、オレだけ??(笑)

この世に存在しなくても、愛する女性を守りたい、死んだと分かっていても、愛する男を信じ、感じたい、そんな純粋な愛の物語が、じんわりと心に残るんやろなぁ。

ゴーストになっても、彼は作品とともに、人々の心のなかで生き続けるんやろなぁ...(合掌)

« 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』 | トップページ | 『西の魔女が死んだ』 »

恋とか愛とか...」カテゴリの記事