« 『男と女の不都合な真実』 | トップページ | 『デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~』 『いとしい人』 »

2009年9月27日 (日)

『プール』

公開中の作品から、今日は邦画をひとつ。ごっつい印象的な歌声の主題歌から、ちょっと期待したんやけどねぇ...(苦笑)

プール   ★★☆☆☆

監督:大森美香

出演:小林聡美、加瀬 亮、伽奈、もたいまさこ、シッテイチャイ・コンピラ

タイのチェンマイでゲスト・ハウスを営む母のもとを訪れた女子大生。そこで彼女は、母と一緒に生活するタイ人の小学生の男の子とゲスト・ハウスで働く青年、そして近所に住むおばさんと出会う...ってな、ちょっと複雑な親子関係を描くドラマ?!

好き勝手に生きる母親に対する、納得できない感情、それをのどかな暮らしで昇華するってなことなんやろか??いやぁ....まったくアカンわな(苦笑)

ド素人みたいなセリフ回しに、まったくメリハリのない、映像の垂れ流し、どうしようもなく退屈やった。無意味なカットをつないだところで、所詮は監督さんの自己満足やろうになぁ。

それに、このメンツを集めたところを見ると、『かもめ食堂』や『めがね』の雰囲気で、まったりとしながらも感情の機微を伝えようと狙ってるんやろうけど、何も伝わるものはなく、あまりにもお粗末やったね。

これでは、この娘は、はるばるタイまで、一体何しに来たんやろうって、そんな風にしか感じられんて。

あまりにもムダに“ゆるい”、どうしようもない映画やった。¥300割引やったのが、せめてもの救いやったなぁ...(苦笑)

« 『男と女の不都合な真実』 | トップページ | 『デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~』 『いとしい人』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事