« 『西の魔女が死んだ』 | トップページ | 『プール』 »

2009年9月26日 (土)

『男と女の不都合な真実』

公開中の作品からラブ・コメをひとつ。これを観れば男の本音が分かる....ってか??(苦笑)

男と女の不都合な真実 / The Ugly Truth   ★★★☆☆

監督:ロバート・ルケティック

出演:キャサリン・ハイグル、ジェラルド・バトラー、エリック・ウィンター、ジョン・マイケル・ヒギンズ、ニック・サーシー、ケヴィン・コナリー、シェリル・ハインズ

顔もスタイルも悪くないのに、なかなか理想の相手にめぐり会えないTV番組のプロデューサー。ある日、彼女の番組にデリカシーの欠片もない、恋愛カウンセラーの男がコメンテイターとしてやって来て...ってな、ラブ・コメディ。

隣に越してきたお医者様のハートを掴むため、嫌々ながら男のアドバイスに従ってデートすると...?!

男は性欲で女は感情、好みの男をモノにしたければ....なんて下世話な恋愛観よやなぁ。まぁ...完全には否定はせんけども....なんて??(苦笑)

内容的には、最悪の出会いをする男女が、あれやこれやとバタバタするうちに、次第に惹かれあい...ってな、典型的なラブ・コメの王道をいくような話で、特に目新しさも何もなかったね。

まぁ、その意味では、良くも悪くも平均的なデキで、安心して観てられるってことなんかな。下ネタオンパレードで、どうなんやろなぁ、とは思うけど。

男の本音がどうのこうのと言うよりは、ありのままの自分を受け止めてくれる相手がいれば、ってことなんやろね!?

個人的にはヒロインのキャサリン・ハイグルってどうも好みやなくて、イマイチやったかなぁ...?!(苦笑)

« 『西の魔女が死んだ』 | トップページ | 『プール』 »

映画」カテゴリの記事