« 『誰も守ってくれない』 | トップページ | 『理想の恋人.com』 »

2009年9月16日 (水)

『リリィ、はちみつ色の秘密』

今日は、公開当時かなりいいと話題になってた作品の感想を!でもこれ....ダコタなんよねぇ...。でもって、やっぱり....??

リリィ、はちみつ色の秘密 / The Secret Life Of Bees   ★★★☆☆

監督:ジーナ・プリンス・バイスウッド

出演:クィーン・ラティファ、ダコタ・ファニング、ジェニファー・ハドソン、アリシア・キーズ、ソフィー・オコネドー、ポール・ベタニー、ヒラリー・バートン、ネイト・パーカー、トリスタン・ワイルズ

幼少期に誤って母親を撃ち殺してしまい、以来心の傷を抱えて生きてきた少女は、ある事件をきっかけに、高圧的な父から逃れ、家出をするのだが...ってな、公民権運動の盛んな60年代を舞台にした人間ドラマ。

愛を知らずに育った女の子が、黒人の養蜂家とその妹達と暮らしながら、次第に心を開くってね!

う~ん、話としては、確かに悪くない。

主演のダコタ嬢もすっかり成長して、確かにこの年代としては演技力はあるんやろね。でも....やっぱりアカン(苦笑)

泣きの演技の異常に“こ慣れた”感じが受けつけんのですよ。感情がこもってるようでいて、実は不自然なところ、あきませんなぁ...。

彼女の存在に拒否反応を示さないひとなら、きっと素直に感動できる作品なのかもねぇ...?!

ところで、久々のポール・ベタニーにちょっと驚き!イギリスなまりを消して、うだつのあがらない親父役、こんな役をやるとは...最初、本人と気づかんかったよ!?(笑)

« 『誰も守ってくれない』 | トップページ | 『理想の恋人.com』 »

映画」カテゴリの記事