« 『エネミー・オブ・アメリカ』 | トップページ | 『7つの贈り物』 »

2009年9月 8日 (火)

『大阪ハムレット』

最近レンタルが開始された作品のなかから、邦画をひとつご紹介!

大阪ハムレット   ★★★☆☆

監督:光石富士朗

出演:松坂慶子、岸部一徳、森田直幸、久野雅弘、大塚智哉、加藤夏希、本上まなみ、白川和子、間 寛平

突然死んだ父親、そこへ父親の弟なる男が転がり込み、一緒に生活することに...ってな、大阪の下町を舞台に描く、ちょっと風変わりな家族のお話?!

老け顔の長男、暴れん坊の次男、女の子になるのが夢の三男、そして能天気な母親と“おっちゃん”、それぞれ悩みながらも、一生懸命生きるってか。

コテコテな登場人物だけに、それなりに笑えて、ほんわかって感じかなぁ。予告を観るかぎりでは、もう少しハイテンションで、ぶっ飛んだ、キレキレの笑いを期待してたんやけど、意外と普通やった。

関西人の尺度でやから、一般のひとからしたら十分笑えるんかもしれんけどね?!

そんな中では、ハムレットに“はまる”次男坊のキャラはおもろかったね!コテコテのヤンキーとシェークスピアのコラボレーションってのもイカスのに、それを関西弁でって、なかなかオツやはなぁ!(笑)

少し調子はずれで、個性的なキャラが多く、どっぷり関西の雰囲気なんやけど、弾け切れないところで物足りなさがあったね。

まぁ、心温まる人情ドラマってことで、ボチボチでんなぁ?!

« 『エネミー・オブ・アメリカ』 | トップページ | 『7つの贈り物』 »

映画」カテゴリの記事