« 『チームバチスタの栄光』 『ジェネラル・ルージュの凱旋』 | トップページ | 『バックドロップ・クルディスタン』 »

2009年10月 3日 (土)

『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』

珍しくハリソンくんがインデペンデント系の作品に顔を出したってことで、ちょっと話題になってる(?)作品の感想を♪

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 / Crossing Over   ★★★☆☆

監督:ウェイン・クラマー

出演:ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティス、サマー・ビシル、アリシー・ブラガ、アリス・イヴ、メロディ・カザエ

アメリカで生活する不法移民の実情を描いた群像劇。

命がけで国境を越えてくるメキシコ人、ハリウッド・スターを夢見る女優の卵、レコード・デビューを目指す歌手、差別に苦しむアラブ人、アメリカでの生活に幻滅している韓国人の青年、市民権をもたない、不安な生活のなかで、もがき苦しみながら生きる人々の様子を描きつつ、そんな不法滞在者を取締る捜査官の苦悩が語られるんやね。

まぁ、なかには微笑ましい話もあるんやけど、ちょっと理不尽で、厳しい現実を見せつけられると、なんや切ない気持ちになってまうよなぁ?!

バラ色の人生ばかりやないと分かっていても、それでも夢や自由を求めてやって来る....その代償がこれではね。

作品としては、エピソードをつなぎながら、それなりに上手くまとまってるんやけど、少しハリソンくんの役柄に気を使いすぎてる感じやったかな。そんなこんなで、同様にハリソンくんに気を使った邦題もちょっとなぁ....(苦笑)

他の顔ぶれでは、相変わらずのクセ者ぶりを発揮するレイ・リオッタや、若手注目株のジム・スタージェスなんかも出てて、悪くなかったね!

やるせないなぁ...とは思いながらも、個人的にはもう一息盛り上がりきれなかったやけど、良心的なドラマやないかな?!

« 『チームバチスタの栄光』 『ジェネラル・ルージュの凱旋』 | トップページ | 『バックドロップ・クルディスタン』 »

映画」カテゴリの記事