« 『あの日、欲望の大地で』 | トップページ | プラッチャヤー・ピンゲーオを考える! 『マッハ!』 『トム・ヤン・クン!』 »

2009年10月 5日 (月)

『チョコレート・ファイター』

アジア映画とひと口で言っても、国によっていろいろあるやんね。

アクションからドラマまで、数々のスターを擁する香港映画や、メロドラマが得意の韓流映画、“ボリウッド”でお馴染みの、ひたすら歌って踊るインド映画とか。

そんな中で、意外性のある(?)作品で最近注目してるのがタイ映画!といっても、実はこのピンゲーオ監督が、ってことなんかもしれんけど?!

そんな彼の最新作の感想を!

チョコレート・ファイター / Chocolate   ★★★☆☆

監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ

出演:ジージャー、ポンパット・ワチラバンジョン、アマラー・シリポン、イム・スジョン、阿部 寛、タポン・ポップワンディー

日本人ヤクザの父とタイのギャングにいた母を親に持つ少女は、自閉症でありながら、驚異的な反射神経を持つ、アクション映画好きだった。そんな彼女が、病気の母親の治療代を稼ぐため、昔、母親が金を貸した相手に借金の返済を頼みに行くのだが...ってな、アクション映画。

なんて、長々とストーリーを書いたところで、そんなものはどうでもエエんよ!(笑)要するに、かわいらしい顔した女の子の、半端やないアクションを目に焼きつけろってか!?

イメージ的には、宮﨑あおいが飛び蹴り、回し蹴りで、大の大人の男をバッタバッタとやっつける、ってとこなんかな。そりゃ、まぁ、痛快でんがな!(笑)

なぜか阿部くんがヤクザ者として登場するところが、何とも味わい深い??(苦笑)

なんとなく、昔のジャッキー・チェンのカンフー物を思い出させるよなぁ...。何も考えずに、楽しむべし!?

それにしても、スタントなしでやってる役者さんたち、痛そうやったなぁ...。ほんま、ご苦労さま(苦笑)

« 『あの日、欲望の大地で』 | トップページ | プラッチャヤー・ピンゲーオを考える! 『マッハ!』 『トム・ヤン・クン!』 »

映画」カテゴリの記事