« プラッチャヤー・ピンゲーオを考える! 『マッハ!』 『トム・ヤン・クン!』 | トップページ | 『ワン・モア・キス』 »

2009年10月 7日 (水)

『ココ・アヴァン・シャネル』

もちろん“シャネラー”やないし、ファッションとは無縁のタダの“ハゲ”なんやけど、たまたま時間が合ったんで、試しに観てみた作品の感想を!(笑)

ココ・アヴァン・シャネル / Coco Avant Chanel   ★★★☆☆

監督:アンヌ・フォンテーヌ

出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールヴェルド、アレッサンドロ・ニヴォラ、マリー・ジラン、レジス・ロワイエ、エマニュエル・ドゥヴォス

言わずと知れたファッション・デザイナーのシャネルの半生を描いた伝記映画。

孤児院で幼少期を過ごし、若い頃は昼に裁縫、夜はナイトクラブで歌う日々。そんな、歌手になることを夢みた少女が、デザイナーになるまでを描くってね!?

不遇な過去にもめげず、悲しみを乗り越えて成功を手にした、そんな様子が分かったね。男の感性に媚びるのではなく、女性のファッションを女性のために解放し、シンプルでエレガントな美を実現したってことなんかな。

まぁ、洋服のセンスもない、オイラのような“着たきりスズメ”には、その素晴らしさは分からんけど、これを見る限り、ある種の“革命”やったんやろね?!

それが実現できた裏には、人生の転機での人との出会いがあり、そのチャンスを彼女がものにしたからなんやろなぁ。

生き様に感動するとか、演技がどうで作品がどうのというよりも、「へぇ、そうやったんやぁ...」っていう感じの作品やったね。

かといって、今更“シャネラー”になるなんてことは、もちろんなく、“ココ”のイワレを自慢げに話して、異性の気でも引くのに役立てるぐらいなんかなぁ....なんて(笑)

信念をもって、自分を信じて生きな、ということは分かった!?実践するのは難しいけどね(苦笑)

シャネラーのみなさんや、ファッションに興味のある方々にとっては、エエかもね?!そんでもって、デザイナーでも目指してみる?「君ならできる!」ってか(笑)

« プラッチャヤー・ピンゲーオを考える! 『マッハ!』 『トム・ヤン・クン!』 | トップページ | 『ワン・モア・キス』 »

映画」カテゴリの記事