« 『アメリカン・クライム』 | トップページ | 『最後の恋、初めての恋』 »

2009年10月14日 (水)

『リミッツ・オブ・コントロール』

2005年の『ブロークン・フラワー』以来、久しぶりのジム・ジャームッシュの作品...といっても、世間的にどれほど待ち望まれてたかは、少々疑問なんやけど....?!

個人的には、この監督さんは80年代、90年代のひとってなイメージがあって、ここ最近の作品は、もうひとつピンとこないんよね。

でもって、今回のは....今まで以上に難解やったなぁ....(苦笑)

リミッツ・オブ・コントロール / The Limits Of Control   ★★☆☆☆

監督:ジム・ジャームッシュ

出演:イザック・ド・バンコレ、アレックス・デスカス、ルイス・トサル、ティルダ・スウィントン、工藤夕貴、ジョン・ハート、ガエル・ガルシア・ベルナル、ヒアム・アッバス、ビル・マーレー、パス・デ・ラ・ウエルタ

“この世の中で自分が一番偉いと思っている男を葬れ”、そんな謎めいた依頼を受けた殺し屋は、連絡係の導くまま、標的を探してスペインを旅する、そんな映画...って、どんなんやねん!(苦笑)

主人公は無口で、連絡係は意味不明なセリフを残していく...とっても意味深なんやけど....よう分からん?!

マッチ箱とその中の紙切れ、2杯のエスプレッソにレインコート、いろいろと小道具にこだわり、独特の雰囲気はあるんやけど、ストレートに凡人には伝わってこないために、頭の中には常に“?”マークが...??(苦笑)

アートや音楽、映画に科学、そういったものとそれを支配しようとするコマーシャリズムに対する批判、縛られない自由を手にする、そんなメッセージなんやろかねぇ??

えっ、考えすぎ??あぁ、分からん(笑)

観る人によって、いろいろと解釈ができる、良く言えばそういうことなんかも。

インデペンデントな雰囲気プンプンで、ジャームッシュらしいと言えるんかもしれんけど、他人にすすめるかと聞かれれば.....やっぱり、よう分からん?!

試しに観て、いろいろ考えてみる?単純明快でアホでも分かるハリウッド映画とは一線を画す、そのことだけは間違いないってな!?(笑)

« 『アメリカン・クライム』 | トップページ | 『最後の恋、初めての恋』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事