« 『イン・ハー・シューズ』 | トップページ | 三池崇史とカラスたち 『クローズZERO』 »

2009年10月26日 (月)

『さまよう刃』

人気作家の東野圭吾の作品の映画化ってことで、なんとなく話題に(?)なってる作品の感想をご紹介♪原作は知らなかったものの、予告編を観て、結構エエ雰囲気やなぁ.....って思ったんやけどなぁ....?!

さまよう刃   ★★☆☆☆

監督:益子昌一

出演:寺尾 聰、竹野内豊、伊東四朗、長谷川初範、酒井美紀、山谷初男、中村有志、木下ほうか、池内万作

最愛の娘を無残にも殺され、呆然とする父親の元に、犯人を教える密告の電話が....。復讐を決意する父親と、事件を追う刑事を描く、犯罪サスペンス?!

例え殺人事件であっても、極刑は望めない少年犯罪、その被害者の家族と犯人を追いかける刑事の葛藤、そんな難しいテーマに挑む作品....のはずが、なんや、あまりのデキの悪さに、テーマがすっかり霞んでもうたよ(苦笑)

何がひどいって、挙げだしたらキリがないんやけど、「さまよう刃」って....警察さん、ちょっとあんたら、犯人を“さまよわせ”過ぎやろぉ~!(笑)

一刻を争う捜査の最中に、二日酔いになるまで酒飲むかぁ?!そんな暇あったら捜査せぇって!

あと、犯人の手紙の朗読会やってる場合やないやろうに!?それに、何で大きなライフル持ったけが人が捜査の網をかいくぐって、楽々と旅をできるんやろね?どんだけザルやねんて!

まぁ、イチイチ言ってもしゃぁないんやけど、最初から最後まで、失笑の連続やったよ。あまりのリアリティのなさと、終始テンポが悪く、グタグタの話に、観てて、ほんまにグッタリやった。

加えて、竹野内くん、相変わらずヘタくそやなぁ...(苦笑)まぁ、ひょっとしたら、そんな演技にOKを出す監督さんのせいなんかもしれんけど?!

でもって、こんなダメダメな作品の監督&脚本をする奴は誰やって思って調べたら、このひと行定(勲)くんのお友だちなんやねぇ....類は友を呼ぶ....それで妙に納得!(笑)

これで¥1,800払ってたら、間違いなくキレてたで!?真剣に演技してる寺尾くんが、ちょっとかわいそう、そんな作品やったね!

« 『イン・ハー・シューズ』 | トップページ | 三池崇史とカラスたち 『クローズZERO』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事