« 三池崇史と......『ヤッターマン』 | トップページ | 『愛のむきだし』 »

2009年10月28日 (水)

『シリアの花嫁』 『ジェリーフィッシュ』

ちょっと意外なところで、今日はイスラエル映画をふたつ、ご紹介♪

イスラエルって、中東にありながら、ご存知のとおりアラブ圏ではないから、映画の雰囲気も、どちらかというとヨーロッパに似てるんかもね。

いずれの作品も悪くないデキなんで、お試しあれ!

シリアの花嫁 / The Syrian Bride   ★★★☆☆

監督:エラン・リクリス

出演:ヒアム・アッバス、マクラム・J・フーリ、クララ・フーリ、アシュラフ・バルフム、ジュリー・アンヌ・ロス、ウーリ・ガヴリエル

イスラエルの占領下にあるゴラン高原。小さな村で暮らす一家の娘がシリアに嫁に行くことに...ってな家族ドラマ。

結婚という人生で最良の日、しかし、シリアに嫁ぐことは、2度と家族の元に帰れないことを意味する....政治のために引き裂かれる家族、なんや切ないもんやね。

結婚式の日の家族の様子を追いながら、親と娘、外国人の妻を持った息子と父、姉の夫婦関係等、それぞれのドラマを絡めて描いてるところがなかなかやった。

複雑な家族関係のなかで、それぞれが絆を確かめ合うってなとこやろか?!

最後は感動で盛り上げて欲しかったんやけど、ちょっとコメディ調になったのが残念やったかな?!

ところで、花嫁の姉役で出てるヒアム・アッバスって女優さん、最近いろんな作品で見かけるんやけど、なかなか重みのある演技をする、エエ役者やね!?

7月11日に紹介した『扉をたたく人』や10月14日のジャームッシュの『リミッツ・オブ・コントロール』にも出てたので、ちょっと注目!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ジェリーフィッシュ / Meduzot   ★★★☆☆

監督:エトガー・ケレット&シーラ・ゲフェン

出演:サラ・アドラー、ニコール・レイドマン、ミリ・ファビアン、ゲラ・サンドラー、ノア・クノラー、ザハリラ・ハリファイ

恋人と別れたばかりの女は、海辺で浮き輪をつけた少女と出会い、しばらく預かることに...。

両親との関係に悩む女性、娘とうなく行かず悩む老婆、フィリピンに子供を残し、出稼ぎに来ている家政婦、ケガで新婚旅行にいけない花嫁など、どこか切ない時間を過ごす大人たちの人間模様を描くってね。

上手く行かない人生の波間で、漂いながら行く先を探す、そんなイメージなんかな。

地味めなエピソードの積み重ねなんやけど、それぞれの話に、優しさや温かみを感じるんよなぁ。とりわけ、瓶の中の船の詩は、なかなか秀逸やったね!?

さりげない展開のなかに、忘れさられた過去を思い起こす、そんなノスタルジーを感じさせる、印象的な作品やった。この作品は、案外拾い物かもねぇ!

« 三池崇史と......『ヤッターマン』 | トップページ | 『愛のむきだし』 »

映画」カテゴリの記事