« 『チョコレート・ファイター』 | トップページ | 『ココ・アヴァン・シャネル』 »

2009年10月 6日 (火)

プラッチャヤー・ピンゲーオを考える! 『マッハ!』 『トム・ヤン・クン!』

昨日紹介したタイ映画の監督さん、ピンゲーオくんの過去作品をご紹介!

作品の特徴といえば、もう“アクション”に尽きる。ワイヤーなし、スタントなしで、すべて生身の俳優が体張って演じるらしいんよね。それを分かった上で観てると、「いやぁ...ありえんよなぁ...」なんて思ってまう。

こんなサディスティックな監督もめずらしいけど、それにつきまうマゾな役者さんたちも、大したもんやなぁ...ってね(笑)

てなことで、話の内容は無視して、売りのアクションをご堪能あれ!?

そう、そう、けっして真似をしないように....って、できるかいなぁ(苦笑)

マッハ! / Ong-Bak   ★★★☆☆   (2003年)

監督:プラチャヤー・ピンゲーオ

出演:トニー・ジャー、ペットターイ・ウォンカムラオ、プマワーリー・ヨートガモン、スチャオ・ポンウィライ

密輸組織によって盗まれた村の大切な仏像の行方を追って、ひとりの青年がバンコクに乗り込むのだが....ってな、タイ発、ムエタイ炸裂のヒーロー・アクション映画!?

う~ん…なんや、とってもB級?!(笑)ところがこれがスゴイ!!ドツキ、ドツカレ、これでもかってね。

徹底的にこだわったアクション、こざかしいまでに“狙った”数々の見せ場、ワイヤーなし、スタントなしで、ただあ然とするのみ。

話のテンポもぼちぼちで、一本調子な打ち込み音楽も、主役のトニー・ジャーの動きに見とれて気にならないってか?!(笑)

勢いだけが勝負の爽快アクション…いや、逆に殴られてる音に、観てる側も痛々しく感じてまうか??(苦笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

トム・ヤン・クン! / Tom-Yum-Goong   ★★★☆☆   (2005年)

監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ

出演:トニー・ジャー、ペットターイ・ウォンカムラオ、ボンコット・コンマライ、チン・シン、ジョニー・グエン

幼い頃から象を守り、共に生きてきた青年、そんな彼の愛する“家族”が何者かに連れ去られシドニーへ。象たちを救うため、命がけの戦いが始まる...ってね!?

『マッハ』に続き、今回もトニーくんはワイヤーなし、スタントなしの肉弾アクション!凄まじいもんやね。しかもタイを飛び出し、オーストラリアへ...ワールドワイドでんがな!(笑)

アクションだけならジャッキーを越えたかもね。「グシャ」てな効果音を聞かされると、ホンマに痛そうやもんなぁ。

というわけで、例によって役者の動きは文句なしなんやけど、話がね...かなり荒削り(苦笑)

まぁ、これはトニーくんの超人的な身のこなしを楽しむものであって、それ以外はいいかぁ....ってことで、及第点?!(笑)

« 『チョコレート・ファイター』 | トップページ | 『ココ・アヴァン・シャネル』 »

特集?!」カテゴリの記事