« 『お買いもの中毒な私!』 | トップページ | 『風が強く吹いている』 »

2009年11月 6日 (金)

『ベッドタイム・ストーリー』

ついでにもう一つレンタルした作品の感想を...。

一応はコメディなんやけど、毎度ながらアダム・サンドラーくんのコメディは...笑いのツボがよう分からんのですよぉ...(苦笑)

ベッドタイム・ストーリー / Bedtime Stories   ★★★☆☆

監督:アダム・シャンクマン

出演:アダム・サンドラー、ケリー・ラッセル、ガイ・ピアース、ラッセル・ブランド、コートニー・コックス、リチャード・グリフィス、ジョナサン・プライス、テリーサ・パーマー、ローラ・アン・ケスリング、ジョナサン・モーガン・ハイト

ホテルで整備係として働く男は、姉に代わり、その子供たちと一週間過ごすことに。毎晩、寝る前に作り話を聞かせるのだが、なぜかそれが現実となり...ってな、ディズニーが贈るファンタジー・コメディ映画?!

想像力で無限に広がる世界、子供たちの純真な心で、世界はバラ色に?!いかにもディズニーって感じで、エエよね!ただ...アダム・サンドラーってとこがなぁ...(苦笑)

一応、コメディ要素のあるはずの作品なんやけど、いつも通り、彼のギャグはまったく笑えんのよね。すでに彼なりのスタイルが出来上がってもうてるんやろうけど、多分、一生かかっても理解できそうにないわ(苦笑)

そんなマイナス部分は、ケリーラッセルの魅力でカバーかなぁ!?個人的には、ガイ・ピアースの役柄に驚いてもうた。硬派な役者やと思ってたのにねぇ...(笑)そんな意外性で、少しポイント・アップ?!

« 『お買いもの中毒な私!』 | トップページ | 『風が強く吹いている』 »

映画」カテゴリの記事