« 『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』 | トップページ | 『ハルフウェイ』 »

2009年11月 3日 (火)

『メタリカ:真実の瞬間』

というわけで、ANVILの実力を認めるラーズ・ウルリッヒ率いるバンド、メタリカのドキュメンタリーをオマケでご紹介♪

こちらもなかなか熱いでっせ!?(笑)

メタリカ:真実の瞬間 / Metallica/Some Kind Of Monster   ★★★★

監督:J.パリンジャー&B.シノフスキー

出演:メタリカ

ヘビメタ・バンド、メタリカが2003年に発表した1枚のアルバム(『St. Anger』)を作り上げるまでの様子を追ったドキュメンタリー。

メタル・ロックのシーンの先頭を走り、数々の栄光を手にしてきたバンドも、メンバーの対立、脱退、アルコール依存等、様々な問題に直面しながらも、激しくぶつかり合いながら、危機を乗り越え、アルバムの完成までたどり着くんやね。

第三者には分からない、有名バンドの真実の姿が捉えられてて、ごっつい興味深いよなぁ。まさかセラピストを交えて作業を進めるやなんて、およそロックとはイメージが違うもんね!(笑)

困難な道のりを経て、メンバーそれぞれの個性や役割、そして気持ちがひとつの方向に向いた時に生み出されるパワーは図り知れんものがあった。

豪快さだけが目立つ彼らの音の中には、実は繊細さとダイナミックさが入り混じった、何とも矛盾した世界が存在するんやなぁ!?

ちょっと感動しながら見終わった後にアルバムを聴くと、その味わいもまた格別なり...ってね!(笑)

自然と頭が前後に揺れて....♪

« 『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』 | トップページ | 『ハルフウェイ』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事