« 『ホノカアボーイ』 | トップページ | 『ジュリー&ジュリア』 »

2009年12月19日 (土)

『パブリック・エネミーズ』

今年のクリスマス・シーズンの話題作と言えば、まずはジョニー・デップの新作かねぇ♪ノリノリの音楽でビシッと決める予告で、期待は高まる(?)が....そんな作品のデキは、これいかに?!(笑)

パブリック・エネミーズ / Public Enemies   ★★★☆☆

監督:マイケル・マン

出演:ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤール、ビリー・クラダップ、スティーヴン・ドーフ、スティーヴン・ラング、チャニング・テイタム、ジョヴァンニ・リビシ

30年代初頭の大恐慌時代のアメリカで、次々と銀行を襲った伝説の強盗ジョン・デリンジャーの生き様を描いたクライム・サスペンス&ラブ・ストーリー?!

仲間を裏切らず、ちょっとキザやけど、一途に女性を愛する、そんな男らしい男をジョニーくんが熱演してたね!

ここ最近は“白塗り”での出演が多かっただけに、久々のシリアスなジョニーくんは、ちょっと新鮮で、しかもカッコ良かった!?というか....この作品は、多分、他の役者がこの役やってたら、間違いなくコケとったやろね(苦笑)

140分という上映時間以上に長く感じるのは、一本調子やからかなぁ?まぁ、愛情、友情、ライバルとの対決やら、いろいろとドラマは盛り込まれてるんやけどねぇ...。

リアリティを追求した銃撃シーンでは、独特の重厚感のある音が心地よく響くのが良かったんやけど、ただ、メリハリの利いた盛り上がりってのがないような....。

まぁ、要するにジョニーくんの演技を楽しむ作品ということなんかもね!

多分、敵となる捜査官を演じたクリスチャン・ベールの演技を評価する声は、あまりないんかもしれんけど、ジョニーくんを引き立たせるような抑えた演技は、個人的には悪くなかったと思うんやけどなぁ。まぁ、贔屓目やけど...。

作品としては雰囲気はあるんやけど、期待するほど後に残るものはない、そんな感じかなぁ?!ちょっと残念か。

« 『ホノカアボーイ』 | トップページ | 『ジュリー&ジュリア』 »

映画」カテゴリの記事