« 監督マイケル・ポーリッシュを考える! ① 『庭から昇ったロケット雲』 | トップページ | 監督マイケル・ポーリッシュを考える ③ 『ノースフォーク 天使がくれた奇跡』 »

2009年12月29日 (火)

監督マイケル・ポーリッシュを考える ② 『ツィン・フォールズ・アイダホ』

次に紹介するのが、彼らの長編デビュー作(おそらく...)。兄弟みずからが主人公であるシャム双生児の役として出演した、ちょっと風変わりなラブ・ストーリー?!

ツィン・フォールズ・アイダホ / Twin Falls Idaho   ★★★★   (1999年)

出演:マーク・ポーリッシュ、マイケル・ポーリッシュ、ミシェル・ヒックス、ジョン・グライス、ギャレット・モリス、パトリック・ボーショー、レスリー・アン・ウォーレン

産みの母親を探すシャム双生児の兄弟と、そんな彼らに呼び出された、モデル志望のひとりの娼婦との交流を描いたドラマ。

体の結合した兄弟を見て、最初は逃げ出す彼女も、兄弟のひとりが病気になっていることを知り、看病をすることに。次第に彼らを知るようになり、惹かれていくのだが....ってね。

孤独な兄弟と同じく寂しく生きる女、そんな彼らは引き寄せられるように出会うんよなぁ。ちょっと奇抜な設定に、観てて最初は戸惑うものの、次第に引き込まれていく力強さが、この作品にはある。

実の母親に捨てられ、周囲の好奇の眼差しに耐えながら、お互いを認め合い、助け合い、寄り添いながら生きてきた兄弟の生き様に、彼女は自分の孤独を重ねたんやろねぇ。

信頼できる人が側にいる、それほど素晴らしいことはないんかもなぁなんて、しみじみと感じさせてくれるんよね!?とっても心に染みる、すばらしい作品やった。

心寄りそえる相手、そんな人が見つけられたら…幸せなんやろなぁ....?!

« 監督マイケル・ポーリッシュを考える! ① 『庭から昇ったロケット雲』 | トップページ | 監督マイケル・ポーリッシュを考える ③ 『ノースフォーク 天使がくれた奇跡』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事

特集?!」カテゴリの記事