« 『夏時間の庭』 | トップページ | 『ニュームーン/トワイライト・サーガ』 »

2009年12月12日 (土)

『カールじいさんの空飛ぶ家』

最近の映画の流行は3Dみたいやねぇ。少し気にはなってたんやけど、これまでは3Dは吹き替え版だけやったんで、本人とまったく違う声で話す映画を観てもたなぁ...ってことで、スルーしてたんやけど、今日紹介する作品は字幕&3Dやったんで、¥300ほど余計に払って、試してみました。

確かに浮き出てくる感じは、なかなか興味深かったかな。でも、何やサングラスかけて画面を観てるようで、ちょっと違和感あったけどねぇ(苦笑)

ってなことで、肝心の作品の感想は....?!

カールじいさんの空飛ぶ家 / Up   ★★★☆☆

監督:ピート・ドクター

出演:(声)エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・イーターソン、クリストファー・プラマー、デルロイ・リンドー

亡き妻との思い出の詰まった家に暮らす老人は、立ち退きを迫られ、老人ホームに収容される朝、家に無数の風船をつけて、家ごと空へ...ってな、ディズニー・ピクサーが贈るアニメ映画!?

偶然、軒下に居合わせた少年を連れて、亡き妻に約束した南米の秘境の滝を目指すのだが...ってなことで、アドベンチャー物やったんやねぇ。

頑固者の老人と純真な少年との交流を軸にしながら、愛情、友情、勇気なんかを語るあたりは、さすがはディズニーでんなぁ(笑)カラフルな映像も見事やったしね。

風船で家を飛ばしてしまうあたりが夢があってエエよね!?まぁ、冷静に考えたら、「それって....どうなんよ?」って話なんやけど(苦笑)

適度な笑いを散りばめながら、ワクワクなアドベンチャーにハラハラドキドキのアクション(?)...子供が観たら喜ぶ内容がてんこ盛り!家族での鑑賞には、バッチリかも。でも....オジさんには、ほどほどやったかなぁ...?!

それでも、約束したことは、ちゃんと守らんとなぁ...なんて、ちょっと忘れかけてた子供の頃の素直な(?)気持ちを思い起こしながら、とりあえずメデタシ、メデタシ...ってね!?(笑)

“3D的”なコメントとしては、確かに飛んでるシーンなんかは立体感があって、へぇ~って思うんやけど、別に立体やなくても、十分に映像的には楽しめる...というか、作品全体として見ると、個人的には、あまり3Dを強調するほどの使い方やなかったかなぁ...なんて。

« 『夏時間の庭』 | トップページ | 『ニュームーン/トワイライト・サーガ』 »

映画」カテゴリの記事