« ファンタジーのススメ?? ガボア・クスポを考える ① 『ムーンプリンセス 秘密の館とまぼろしの白馬』 | トップページ | 『新宿インシデント』 »

2009年12月 8日 (火)

ファンタジーのススメ?? ガボア・クスポを考える ② 『テラビシアにかける橋』

というわけで、本日の本命おススメ作品でんにゃわ!?(笑)

原作は有名な児童小説なんよね。実はこの作品に感動して、後から原作本を読んだんやけど、なるほど、原作も良かったね。

というわけで、いざテラビシアへ....♪

テラビシアにかける橋 / Bridge To Terabithia   ★★★★

監督:ガボア・クスポ

出演:ジョシュ・ハッチャーソン、アナ・ソフィア・ロブ、ゾーイ・デシャネル、ロバート・パトリック、ベイリー・マディソン、ケイト・バトラー

友達のいない、いじめられっ子の少年、貧乏な暮らしで、父親に説教されてばかりの退屈な毎日だったが、ある日隣りに越してきた転校生と知り合い、親友となるのだが...ってな、青春ファンタジー?!

ふたりだけしか知らない、森の中の秘密基地、そして、そこで無限に広がるイマジネーションの世界、喜びや驚き、スリルや冒険で満ち溢れ、何より自分たちが主役になれる場所があるんよね。

どこか現実の寂しさを忘れさせてくれる世界で自分自身を取り戻し、光り輝く彼らの姿を見てると、自然と話に引き込まれていくんよなぁ。

どっぷりと話に浸ってると、途中からは.....涙が溢れてきて....ね?!

主演のふたりの子供の演技はとってもナチュラルで、加えて男の子の妹のキャラが、なんとも愛らしくて、微笑ましい笑いをもたらしてくれる。

空想の世界の描き方も、さりげない映像表現で、この作品の雰囲気をいい具合に膨らませてた。

子供だましのファンタジーものに陥ることなく、幼い頃の懐かしい思い出や、爽やかな気持ちを思い出させてくれる、ちょっぴり切なく、そして、とびっきり素敵な作品やったね!?

« ファンタジーのススメ?? ガボア・クスポを考える ① 『ムーンプリンセス 秘密の館とまぼろしの白馬』 | トップページ | 『新宿インシデント』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事

特集?!」カテゴリの記事