« 監督 本広克行を考える ③ 『UDON』 | トップページ | 『ビバリーヒルズ・チワワ』 »

2009年12月 1日 (火)

『痛いほどきみが好きなのに』

今日の作品は、監督イーサン・ホークの自伝的はラブ・ストーリーだそうで...あんたも苦労してるんやなぁ...なんて?!(苦笑)

痛いほどきみが好きなのに / The Hottest State   ★★★☆☆

監督:イーサン・ホーク

出演:マーク・ウェバー、カタリーナ・サンディノ・モレノ、ソニア・ブラガ、ローラ・リニー、ミシェル・ウィリアムズ、イーサン・ホーク、リン・コーエン

ある日バーで出会った男と女は、互いに惹かれあい、愛し合うのだが、やがてふたりの距離は離れ...ってな、若者の恋の話ってね?!

両親の離婚で複雑な家庭環境で育った男、過去の恋愛から愛することに臆病な女、そんなふたりの恋模様は、すれ違い、傷つけあうってか。

う~ん、ひとつひとつのセリフを取ると、なかなか深いものがあるんやけど、どうも全体としてはイマイチやったなぁ(苦笑)

結局、気まぐれな女心とそれに振り回され、ストーカーになる男の惨めな恋の話って感想になってまうんよね?!

だいたい主役のマークくんの役どころが、全く共感できんのよなぁ。あまりにガキで、こいつには惚れんやろって、カタリーナ嬢に同情してもうたりして...(笑)

まぁ、愛されたいって気持ちや、相手の愛を確かめたいってのは分からんでもないんやけどね!?

うん?恋愛に自信がない者の気持ちがよく分かる??だから、こうやってオイラも独り寂しく....(苦笑)

« 監督 本広克行を考える ③ 『UDON』 | トップページ | 『ビバリーヒルズ・チワワ』 »

映画」カテゴリの記事