« 『カールじいさんの空飛ぶ家』 | トップページ | 『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』 »

2009年12月13日 (日)

『ニュームーン/トワイライト・サーガ』

やっぱり続編ができたんやねぇ。前作の『トワイライト~初恋~』では気分が乗り切らず、もうエエかなぁ...なんて思ってたんやけど、全米でも興行成績がいいとこかで、かなり盛り上がってるらしいやないですか!?

そんな話を聞くと、とりあえず試しに観てみるかぁ...でも、“出しゃばり”ダコタが新たにキャスティングされたらしから、やっぱりやめとくかぁ....なんて迷い(?)ながら、とりあえず2時間ちょっと、お付き合いしてきました?!

ニュームーン/トワイライト・サーガ / The Twilight Saga: New Moon   ★★★☆☆

監督:クリス・ワイツ

出演:クリステン・スチュワート、ロバート・パティソン、テイラー・ロートナー、アシュリー・グリーン、ニッキー・リード、マイケル・シーン、レイチェル・レフィブレ、ジェイミー・キャンベル・バウアー、ダコタ・ファニング、キャメロン・ブライト

吸血鬼の男と女子高生の恋愛を描いたシリーズ第2弾!今回は狼男も加わって、恋の行方は....大騒ぎでまんにゃわ?!(笑)

互いに愛し合うふたりだったが、彼女のそばにいることで、愛する人を危険にすると考えた彼は、別れを告げて去ってしまう。塞ぎこむ彼女は、狼族の血を引く幼なじみに支えられながらも、それでも彼を忘れることができず、寂しさに必死に耐えるのだが....ってね!?

吸血鬼と狼男、どっち取るねんて言われても....究極の選択やねぇ(苦笑)まぁ、どちらも“普段”はイケメンやから、悩むってか?!

愛してはいけない相手に恋をして、様々な困難があるから、余計に気持ちが燃え上がる、そんな所に世の若い子たちは熱狂するんかねぇ。好きな人のためなら、魂さえも捨ててまえってところに、究極の自己犠牲によるヒロイズムがあるんやろなぁ。

前作でも思ったんやけど、ちょっと冷静に観てると、どうしても白塗りに口紅塗った男に、惚れはせんやろうって思ってまうところに、このシリーズ、どうにもオジサンには越えられない壁があるんよね(苦笑)

むしろ、一人娘が吸血鬼になってまうっていうシチュエーションでは、お父さんが不憫に思えてなぁ。それなら狼男に嫁に出せるかっていうと、それもちょっとご無体な話やし。

要するに普通やないんよねぇ。普通やないから燃え上がるってか...難しいもんでんなぁ...よう分からんですわ(苦笑)

この恋の結末までは、あと2作続くらしく....とりあえず努力してみるかねぇ....??

ちなみに、どうでもエエ話やけど、今回のダコタくんも、さすがと感心するくらい、ムダに不気味やった...(笑)

« 『カールじいさんの空飛ぶ家』 | トップページ | 『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』 »

映画」カテゴリの記事