« 監督マイケル・ポーリッシュを考える ③ 『ノースフォーク 天使がくれた奇跡』 | トップページ | 『ローマの休日』 »

2009年12月30日 (水)

『THIS IS ENGLAND』

今日は、ちょっと問題作をご紹介!作品の衝撃度としては、『アメリカン・ヒストリーX』って作品に似たものがあるかもねぇ?!

おススメと言いながら、ちょっとマニアック過ぎる気もせんでもないんやけど....。

THIS IS ENGLAND / This Is England   ★★★★

監督:シェーン・メドウス

出演:トーマス・ターグーズ、スティーヴン・グレアム、ジョー・ハートリー、ジョー・ギルガン、アンドリュー・シム、ヴィッキー・マクルア、ロザムンド・ハンソン、ジャック・オコンネル、アンドリュー・エリス

1983年、フォークランド紛争真っ只中のイギリス、父親のいない12歳の少年は、学校でいじめられ、うなだれて家に帰る途中、年上のスキンヘッドのグループと知り合う。頭を丸め、身なりを真似て、仲間にしてもらうのだが...ってな、ちょっとホロ苦い青春のお話?!

いやぁ、ガツンとやられてもたね!戦争への失望、跳ね上がる失業率、そんな暗澹たる時代を背景に、極右思想に傾倒する人々と、そこに巻き込まれる少年の姿を通して、なんとも切ない話が展開するんよなぁ。

少し年上の人の真似をして、背伸びして大人になった気分になる、そんな経験ってあるやんね。そんな純粋な年頃の子供の耳元で囁かれる言葉で、何が正しくて、何が間違いかの基準を持たない子供は、簡単に洗脳されてまうんよなぁ。

無邪気な子供らしさと悪い大人を真似る姿が同居する様は、衝撃的やった。

まぁ、決して万人受けするような内容ではないんやけど、インパクトは十分やったね!?

« 監督マイケル・ポーリッシュを考える ③ 『ノースフォーク 天使がくれた奇跡』 | トップページ | 『ローマの休日』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事