« 『雨鱒の川』 | トップページ | 『恋におちたシェイクスピア』 »

2010年1月13日 (水)

『マン・オン・ワイヤー』

今日はフランスの冒険野郎のドキュメンタリー♪

この作品、去年のアカデミー賞のドキュメンタリー部門の受賞作品なんよね。納得のデキやった。

舞台となったツインタワーが9/11のテロでなくなってもうたってのが、ちょっとノスタルジックやよなぁ...?!

マン・オン・ワイヤー / Man On Wire   ★★★★

監督:ジェームズ・マーシュ

出演:フィリップ・プティ、ジャンルイ・ブロンデュー

1974年8月7日、その当時世界一高いビルだった世界貿易センターのてっぺんで、一本のワイヤーの上を歩く男がいた....ってな、フランス人の綱渡り師の伝説のパフォーマンスについてのドキュメンタリー!?

地上411メートルの空中散歩、世界中を驚かせた衝撃の出来事、彼はなぜ、そしてどうやって成し遂げたのかを描くってね。

いやぁ....スゴイ!(笑)目もくらむような場所で、微笑みながら歩く姿に、感動してまうよなぁ。

ネジが数本飛んでないと、そんなこと思いつかんやろなぁって思ったら、当時を思い出しながら夢中で話すフィリップくんは、少年がそのまま歳を取らずに大人になったような人やった。

そんな彼を支えた親友や、手助けした仲間、そして恋人がいて、そして周到な計画を立てて成功したって話が、関係者の証言で語られるんやね。

夢をあきらめずに突き進む、そんなことの大切さが伝わる、なかなか素敵な話やったなぁ!?それにしてもスゴイ!

« 『雨鱒の川』 | トップページ | 『恋におちたシェイクスピア』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事