« 『シン・シティ』 | トップページ | 『アライブ -生還者-』 »

2010年1月26日 (火)

『幼獣マメシバ』

この作品って、どうもテレビ版が先行してたらしいね。そんなことも知らず、レンタル屋でつぶらな目をした子犬と視線が合ってしまい、ついつい手にとって、観てまいました(笑)

幼獣マメシバ   ★★★☆☆   (2009年)

監督:亀井 亨

出演:佐藤二朗、安達祐実、高橋 洋、藤田弓子、笹野高史、石野真子、渡辺 哲、志賀廣太郎、角替和枝、渋谷琴乃、西田幸治

35歳無職で実家に引きこもる男は、父親が他界し、母親も家出して行方知れず。そんな彼の元に、意味不明なメッセージと一匹の柴犬の子供が母親から送られてきたのだが....?!

極度の対人恐怖症で、嫌なことから逃げてきた主人公が、ひょんなことから子犬と一緒に母親探しの旅に...ってな、人生探しの物語?!

いやぁ、キャラが強烈やねぇ?!世の中を徹底的に斜めから見て、屁理屈をこね回す、こういうの....好きやわぁ(笑)

何と言っても“うまい棒の大人買い”でハートを鷲づかみにされてもうたよ(苦笑)子供の頃に、遠足のおやつ200円をすべて“うまい棒”にしてやろうかと思いつつ、結局はそんな根性もなく、できなかったことが思い出されてもうた(笑)

そんな、どうでもエエような、くだらない笑いで押しながら、後ろ向きだった主人公の人生が徐々に変化していくなんてところが、なかなか心憎いもんやね。

安達くんが、思った以上にナチュラルな演技をしてて、ちょっと驚いてもうた。まぁ、キャリアは長いわけやから、演技ができて当然と言ってしまえば、それまでなんやけどね?!

動物で好感度を上げるのは、映画としてはちょっと反則やろうと思ってみても、やっぱり癒されまんなぁ....なんてね!?

« 『シン・シティ』 | トップページ | 『アライブ -生還者-』 »

映画」カテゴリの記事