« 『ラブリーボーン』 | トップページ | 『奇術師フーディーニ~妖しき幻想~』 »

2010年2月 6日 (土)

『つぐない』

シアーシャ・ローナンが注目を集めたのって、実はこの『つぐない』やったんよね。キャリア2作目でありながら、難しい役どころをさらりと演じてみせたところに、かなりの賞賛が集まっとった。なんたって、2007年のアカデミー賞の助演女優賞にノミネートされてたわけやから!?(今回は残念やったけど....)

主役のはずのキーラ嬢も真っ青ってね(笑)

そんな見所なんかもありながら、この作品、なかなか話がエエんよね。てなことで、シアーシャつながりで、ご紹介♪

つぐない / Atonement   ★★★★   (2007年)

監督:ジョー・ライト

出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、ロモーラ・ガライ、シーアシャ・ローナン、ヴァネッサ・レッドグレープ

使用人の息子と恋に落ちた姉、ふとしたキッカケで、ふたりの関係を誤解した、空想癖のある妹、とある事件により、ひとつの“嘘”が3人の運命に取り返しのつかない影を落とす...ってなドラマ。

引き裂かれた若い男女の恋心、そして消えない罪の意識を抱えて生きる妹、なんやとっても重た~い展開が繰り広げられる、ドロドロ愛憎劇やった(苦笑)

逆回しの映像や独特の効果音をバックに使ったりしながら、巧みに緊迫感を与えて、観る側のスリルを煽ってたね。

とはいえ、実は途中まではそれ程印象的な作品とは思えなかったんやけど、最後のまとめ方が素晴らしい!

この作品の全ては、つまるところ最後のセリフに凝縮されてる。それを静かに演じきるヴァネッサばあさんの演技、存在感は圧巻!?

短い出番でありながら、それでいて作品を印象付けるような、決定的な演技をみせる、これぞ役者やねぇ!?彼女こそが、この作品の本当の主役なのかもなぁ。ほんまにお見事!!(パチパチ)

« 『ラブリーボーン』 | トップページ | 『奇術師フーディーニ~妖しき幻想~』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事