« 『ドゥームズデイ』 | トップページ | 『ROCKER 40歳のロック☆デビュー』 »

2010年2月10日 (水)

『キャデラック・レコード~音楽でアメリカを変えた人々の物語~』

さて、今日は音楽の歴史についてお勉強しましょう...てなことで、偉大な先人のお話を映画にした作品をご紹介♪

キャデラック・レコード~音楽でアメリカを変えた人々の物語~ / Cadillac Records   ★★★☆☆

監督:ダーネル・マーティン

出演:エイドリアン・ブロディ、ジェフリー・ライト、ビヨンセ・ノウルズ、コロンバス・ショート、モス・デフ、エマニュエル・シュリーキー、セドリック・ジ・エンターテイナー、ガブリエル・ユニオン、イーモン・ウォーカー

50年代の人種差別が吹き荒れるアメリカで、ひとりのポーランド移民の白人と、黒人ミュージシャンの出会いが、音楽の世界を変えた、ってな実話を基にしたお話。

マディ・ウォーターズにチャック・ベリー、リトル・ウォーターにエタ・ジェイムズ、R&B、ロック、ヒップ・ホップなど、今日の音楽シーンに多大なる影響を与えた偉大なミュージシャンが、何の実績もない野心家の白人クラブ・オーナーが作ったレーベルからデビューしたんやね?!

肌の色など関係なく、才能を認め、そして信頼関係を築いて、それまでの“人種の壁”を突き破った彼らの友情や愛情に、見入ってもうた。

過度に盛り上げない演出は、ちょっと地味で物足りなさを感じさせるものの、そのシンプルさが逆にストーリーに真実味を与えてるんかもね!出演者は、いずれも抜群の歌唱力を発揮してて、歌に説得力があったかな。

いずれにしろ、人と人の“出会い”が人生を変え、歴史を変えるんやなぁ....!?

ところで....この長い邦題、どないかならんかったんかね(苦笑)

« 『ドゥームズデイ』 | トップページ | 『ROCKER 40歳のロック☆デビュー』 »

映画」カテゴリの記事