« 『新しい人生のはじめかた』 | トップページ | 『キサラギ』 »

2010年2月23日 (火)

『守護天使』

今日は、邦画のコメディをひとつご紹介♪

この監督さんの前作『キサラギ』が結構おもろかったんで、今回も期待したんやけどねぇ...?!

守護天使   ★★★☆☆   (2009年)

監督:佐藤祐市

出演:カンニング竹山、佐々木蔵之介、與真司郎、忽那汐里、寺島しのぶ、柄本 佑、日村勇紀、佐野史郎、大杉 漣、池内博之、升 毅

小太りの冴えない中年男は、ある日、満員の通勤電車の中で見かけた女子高生に一目ぼれするが、そんな彼女を何者かが狙っていることを知り、同級生だった親友と知り合いの引きこもり青年を巻き込み、彼女を守ろうとするのだが....ってな....コメディ?!

妻に尻にしかれ、肩身の狭い思いをしながら生きてる中年男が、好きな人を守るため、必死に頑張るってなストーリーは、“ダメ男の奮闘”ってことで、まぁ個人的には共感しなくもないんやけどね(苦笑)

ただ、いくらコメディとは言え、話の展開に無理がありすぎるよなぁ。あと、いろんな役者を使うのはエエんやけど、どうしても演技力がねぇ?!大杉くんや佐々木くんと対等に絡めっていっても、素人やアイドル青年には無理やんなぁ(苦笑)

それと、毎度のことながら柄本くん、作品数をこなしてる割に、お父さんのようにはいかんねぇ....。もうそろそろ親の七光りにも限界がくるんと違うやろか?!

驚きといえば、最後まで本人と気づかなかった寺島しのぶの、方言まるだしの恐怖の鬼嫁ぶりくらいかなぁ....(笑)

というわけで、今回はイマイチ!?

« 『新しい人生のはじめかた』 | トップページ | 『キサラギ』 »

映画」カテゴリの記事