« 『ロスト・イン・ラ・マンチャ』 | トップページ | 『キャデラック・レコード~音楽でアメリカを変えた人々の物語~』 »

2010年2月 9日 (火)

『ドゥームズデイ』

本日はSFアクションをひとつ。

主演のローナ・ミトラってイギリスの女優さん、最近ボチボチと名前が売れてきてるね。なかなかキリリとした顔立ちに、エキゾチックな雰囲気が漂ってて、悪くないかもねぇ?!

監督さんは『ディセント』って作品で注目された、イギリスのホラー・サスペンス系の監督さん。

さて、そんなお二人の組み合わせは....?!

ドゥームズデイ / Doomsday   ★★★☆☆

監督:ニール・マーシャル

出演:ローナ・ミトラ、マルコム・マクダウェル、ボブ・ホスキンス、アレクサンダー・シディグ、デヴィッド・オハラ、エイドリアン・レスター、ダーレン・モーフィット

“死のウィルス”の特効薬を探すため、27年前に同じウィルスのために隔離されたスコットランドに行くことになった女性兵士の活躍を描くSFアクション?!

外界と隔絶された世界には、生き残った人々が、人肉を食いながら、暴力に支配された混沌とした社会を築いていた....って、エグ!?(苦笑)

銃撃戦に格闘、カーチェイスに...アクションてんこ盛り!そんでもって美形のローナ嬢が大活躍ってなことで、それなりに楽しめたりするんやね。

ちょっとマッドマックス的やったり、中世の雰囲気を出してみたり、なんとなくグラディエーターやったり....オチャメやねぇ(笑)まぁ、安っぽいとも言えるんやけど...?!

ただ、首が飛び、肉が切られ、ってなスプラッター的な描写は、ちょっとなぁ....グロテスクすぎやった。

やめとけばいいのに、いかにも続編を意識したような終わり方も、どないやろね....(苦笑)

« 『ロスト・イン・ラ・マンチャ』 | トップページ | 『キャデラック・レコード~音楽でアメリカを変えた人々の物語~』 »

映画」カテゴリの記事