« 『彼女の名前はサビーヌ』 | トップページ | 『抱擁のかけら』 »

2010年2月19日 (金)

『のんちゃんのり弁』

公開当時も評判良かったみたいやし、今年になって、日本の映画賞をいくつか受賞したりで、ちょっと期待してた作品がレンタル開始になったんで、さっそくお試し?!そのデキは....♪

のんちゃんのり弁   ★★★☆☆   (2009年)

監督:緒方 明

出演:小西真奈美、岡田義徳、村上 淳、佐々木りお、山口紗弥加、斉藤 暁、岸部一徳、倍賞美津子

自称“小説家”のダメ亭主との離婚を決意し、幼稚園児の娘を連れて実家に戻るが、子育てをしながらできる仕事もなく、行き詰ってしまうのだが....ってな、ひとりの女性の人生再出発ドラマ?!

資格があるわけでも、特別な能力があるわけでもない、そんな女性が生きる目標をみつけ、それに向かって突き進む様をコメディ・タッチに描いていくんよね。

評判が良かっただけに、ちょっと期待してたんやけど.....ボチボチ?!(苦笑)なんや、タイトルが“のり弁”だけに、もっと“のり弁”がフューチャーされるんかと思ったら、意外とあっさりやったし、途中のドタバタぶりがちょっとなぁ...。

主演の小西くんは、確かに頑張ってるんやろうけど、どうにも表情が硬すぎて、人間味が感じられんのよねぇ。まぁ、時折、かわいらしい表情はするんやけど(笑)

それなりに主人公を中心とした人間関係は、工夫して描かれてるものの、笑いを狙ってるせいか、話がグタグタになってもうてるところが、観てて疲れてまうんよ。ということで、ボチボチでそれほど悪くもなく...かなぁ?!

« 『彼女の名前はサビーヌ』 | トップページ | 『抱擁のかけら』 »

映画」カテゴリの記事