« 『のんちゃんのり弁』 | トップページ | 『ボルベール<帰郷>』 »

2010年2月20日 (土)

『抱擁のかけら』

スペインの映画監督といえば、アルモドバルってくらい、日本でもよく知られてるんと違うかな。ただ、この監督さんの作品って、かなりクセがあるだけに、実際に観て、楽しめるかというと、必ずしもそうやないんやろうと思う。

そんなこんなで、前作に続きペネロペをフューチャーした新作も、それほど期待せずに観てみたら....?!

抱擁のかけら / Los Abrazos Rotos   ★★★☆☆   (2009年)

監督:ペドロ・アルモドバル

出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルーベン・オチャンディアーノ、タマル・ノバス、アンヘラ・モリーナ

かつては映画監督だったが、14年前に起きた事故により視力を失い、それ以来、脚本家として生計を立てている男。封印していたその過去には、あるひとりの女優との愛の物語があったのだが....ってな、スペイン映画界の巨匠アルモドバル監督が再びペネロペをヒロインに迎えて描く情愛の世界ってね!?

金持ちの実業家と、そんな男の愛人になった女、彼女と恋に落ちた映画監督、そしてそんな彼を支える代理人、燃えるような愛に激しい嫉妬、男と女の絡み合う感情を、ネットリと描くんよなぁ。

ここ最近のアルモドバルの作品は、ちょっと個人的にはノリきらんかったんやけど、今回はなかなか楽しめたね。これが4度目となる監督さんとペネロペの組み合わせだけに、彼女の良さをうまく引き出してた。

ペネロペの持つラテンの気の強さと情熱、そして時折見せる愛らしさ、そんな瞬間をうまく捉えとったね。

ちょっと最後が尻すぼみな感じやったんやけど、決して消すことのできない思い出、胸の奥に残る愛のかけらが静かにくすぶるってところが、たまらなくエエんよなぁ。なかなかの味わいやったね!?

« 『のんちゃんのり弁』 | トップページ | 『ボルベール<帰郷>』 »

映画」カテゴリの記事