« 『カムイ外伝』 | トップページ | 『フォー・ウェディング』 »

2010年3月10日 (水)

『マチュカ~僕らと革命~』

南米の映画っていうと、ブラジルやアルゼンチンが思い浮かぶんやけど、今日、紹介するのはチリ映画。

先日の大地震では、相当な被害が出てもうたみたいで、ちょっと心配ではあるんやけど、そんなチリの人々のことを想いながら、なかなか味わい深い作品をおススメ!?

この作品を観ると、その収益が寄付される、なんてことやったらエエんやけどなぁ...。

マチュカ~僕らと革命~ / Machuca   ★★★★   (2004年)

監督:アンドレス・ウッド

出演:マティアス・ケール、アリエル・マテルーナ、マヌエラ・マルテリィ、アリーン・クッペンハイム、フェデリコ・ルッピ、エルネスト・マルブラン

政情の不安定な70年代の混沌としたチリを舞台に、ふたりの少年の友情を描いたお話。

裕福な家庭で何不自由なく育った少年は、クリスチャンの坊ちゃん学校に通うが、校長である神父の計らいで編入してきた貧民街の子のひとりと親しくなるのだが...ってね?!

家庭の環境も、金のあるなしも関係ない、子供同士の無邪気な付き合い、そんな彼らの友情も、大人たちの醜い争いによって、傷つけられてまうんよなぁ。

あまりにも厳しい現実と、どうすることもできない悲しみを、子供の素直な目線で語るところが、なんとも胸にくるんよね。

身勝手な大人に振り回され、悲しい思いをするのは、いつも子供なんよなぁ。争いのない、平和な世の中、そんな日が来ることを信じ、前に進まんとアカンよね!?

« 『カムイ外伝』 | トップページ | 『フォー・ウェディング』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事