« 『シャーロック・ホームズ』 | トップページ | 『花のあと』 »

2010年3月21日 (日)

『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』

シャーロック・ホームズを演じたロバートくんの作品を、“おまけ”でひとつご紹介♪

いつも最高にくだらない(?)演技を見せてくれるベン・スティラーくんが監督&主演したドタバタなコメディ作品なんよね。

と~ってもアホらしい内容ながら、意外なことに、この作品の演技でロバートくんは、アカデミー賞の助演男優賞にノミネートされたんよなぁ。てっきりラジー賞の間違いやろうと思ったら、いやはや、この作品の演技、確かに納得なんよね!

作品としてはボチボチやけど、この演技は一見の価値アリかも....なんて?!

トロピック・サンダー/史上最低の作戦 / Tropic Thunder   ★★★☆☆   (2008年)

監督:ベン・スティラー

出演:ベン・スティラー、ロバート・ダウニーJr.、ジャック・ブラック、マシュー・マコノヒー、トム・クルーズ、ニック・ノルティ、スティーヴ・クーガン

落ち目のアクション俳優、オスカー常連のなり切り役者、シモネタ好きのコメディ俳優、そんな彼らが真面目に戦争映画を撮ることに。リアリティを追求するために、実際のジャングルで撮影することになるが、そこは麻薬グループのアジトで...ってね。

想像した通りの、ベン・スティラーらしい、かなりのアホな作品やった(笑)

ただ、基本的に汚い言葉を連発して、おバカに展開していくんやけど、いろんな映画をパロディにしてるところが、意外と楽しめて、よかったね。

個性的な役者が、遠慮なく、やりたい放題に、それぞれが弾けまくってて、展開に勢いは感じるよなぁ。

そんな中でもダウニーくんの“なり切り”演技はすごかった!グタグタなコメディにあって、敢えて“まじめさ”を前面に出して演じきるあたりが、ごっつい滑稽で、エエんよね。

あとはトム・クルーズのハイテンションぶりが強烈やったかな。まさにサイエン○○ジーでトランスしてる様子を見てるようで、笑ってもうたよ(苦笑)

どうしようもないアホ・コメディながら、ちょっと真面目に演技について語ってみたりで、さりげなく深みがあったりして.....なんて言っても、所詮はアホなんやけどね。まぁ、これを観て、気晴らしに一緒にアホになってみるのも悪くないか?!(笑)

« 『シャーロック・ホームズ』 | トップページ | 『花のあと』 »

映画」カテゴリの記事