« 『噂のモーガン夫妻』 | トップページ | 『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』 »

2010年3月21日 (日)

『シャーロック・ホームズ』

誰もが知ってる名探偵シャーロック・ホームズを....あのガイ・リッチー監督が....公開前から期待と不安(不満?)が入り混じってた作品を、さっそく観てきたので、ご紹介♪

製作サイドは、原作に描かれてるホームズは、ボクシングをやるような、肉体派やったってアピールしてるようやけど、不思議なくらい、これまでのイメージって、知性的な、謎解き名人って感じやもんね。

さて、そんなギャップが吉と出るか、凶と出るか....ってな?!(笑)

シャーロック・ホームズ / Sherlock Holmes   ★★★★   (2009年)

監督:ガイ・リッチー

出演:ロバート・ダウニー・Jr、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムス、マーク・ストロング、ケリー・ライリー、エディ・マーサン、ジェームズ・フォックス、ハンス・マシソン、ジェラルディン・ジェームズ

女性を狙った連続殺人事件を追うホームズとワトソンは、ついに犯人を逮捕する。しかし、死刑を宣告された犯人の男は、更なる殺人と自らの復活を予言して死んでいった....ってな、名推理で難事件に挑む名探偵とその助手の活躍を描くお話?!

いやぁ~、オープニングのシークエンスから“ガイ・リッチー節”炸裂やったね!(笑)テンポのいい音楽に合わせて、勢いのあるカメラワークでグイグイと観る側を引き込むあたりが、もう、たまらんのですよ!?

シャーロック・ホームズのイメージってのは、きっと人それぞれやとは思うんやけど、謎解きメインの知性を前面にだした、BBCが製作するようなのを想像してると、今回の作品はかなり違和感を感じるかもね。

確かにミステリーの要素はあるものの、それ以上にアクションとアドベンチャー的な部分が強くなってるんよなぁ。例えるならば、ピアース・ブロスナンまでの“オトボケ”なジェームズ・ボンドに似た感じかもね?!

個人的には、結局、最後までアメリカ人のロバートくんがイギリスの名探偵を演じてるっていうのが“しっくり”とこんかったのが、ちょっと残念やったかな。できればイギリス人でキャスティングして欲しかったんやけど、でも、アクションができて、人を喰ったようなオチャメさを出したいとなると、彼しかなかったんかもね?!

いろいろと批判はあるんやろうけど、要するに、これは今までのステレオタイプなシャーロック・ホームズとは“別物”と思ってしまえば、娯楽作品としてはかなり楽しめるんと違うかな。

冒頭の部分もそうやけど、この監督さんらしく、音楽を巧みに駆使しながら、小気味良く展開していく話は、飽きへんかった。

悪役のキャラも十分立ってたし、加えて“オレ的”にはレイチェル嬢の小悪魔な演技を観れて、なお更楽しめたわけで....(笑)

続編も決ってるらしいし、リッチーくんが監督するなら、ちょっと次も期待してみるかねぇ?!

« 『噂のモーガン夫妻』 | トップページ | 『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事