« 愛おしきB級映画 ① 『片腕マシンガール』 | トップページ | 『狼の死刑宣告』 »

2010年4月20日 (火)

愛おしきB級映画 ② 『ロボゲイシャ』

女子高生の次は、主人公は芸者!こんな設定からして、すでにB級具合がMaxに達してまうやんね(笑)

しかし、この作品、何を血迷ったか、角川映画が配給したんよねぇ。ってことは....晴れてB級メジャーか??(苦笑)

ロボゲイシャ   ★★★☆☆   (2009年)

監督:井口 昇

出演:木口亜矢、長谷部瞳、斎藤 工、志垣太郎、生田悦子、くまきりあさ美、松尾スズキ、竹中直人

芸者の姉とその付き人をする妹、そんな姉妹は、ある時、店の客だった男に拉致され、闇の組織“裏芸者”という暗殺集団の仲間となるのだが....ってな、どこをどう切り取っても、コテコテのB級映画!?

相変わらずのチープな音楽に乗せて展開する、どーでもエエような話に、奇抜さだけが取り柄のアイデア勝負(?)、いやぁ、ここまで突き抜けるとホンマに痛快やねぇ(笑)

ゲイシャ、ハラキリにフジ山、外国人が好きな日本の要素をふんだんに活用しながら、とことん下らない内容を学芸会のノリでぶっ飛ばす、まぁ、これを映画と言うのは憚れるんかもしれんけど、こんなアホなのがあってもエエんやろって思わされてまうんよね。

さりげなく、姉妹の愛や家族の絆を要素として取り入れながらも、それですら最後には“失笑”で締めるあたりが、もう“たまらん”のですよ!(苦笑)

尻に刀をつける無意味さや、キャタピラで疾走する芸者、そんな、すべてにおけるムダ加減が、気がつくと、だんだんクセになってきてたりして....?!

« 愛おしきB級映画 ① 『片腕マシンガール』 | トップページ | 『狼の死刑宣告』 »

特集?!」カテゴリの記事