« 愛おしきB級映画 ② 『ロボゲイシャ』 | トップページ | 『歓楽通り』 »

2010年4月21日 (水)

『狼の死刑宣告』

今日は犯罪ドラマをひとつ!

この作品の監督さんは、あの『ソウ』のシリーズ第1作を監督したひと。なかなか個性的な作品を作るし、雰囲気を作るのがうまい監督さんかなぁって思うんよね。

というわけで、久々に主演のベーコンくんの気合いの入った演技ともども、ちょっと要チェック?!

狼の死刑宣告 / Death Sentence   ★★★☆☆   (2007年)

監督:ジェームズ・ワン

出演:ケヴィン・ベーコン、ケリープレストン、ジョン・グッドマン、スチュワート・ラファティ、ジョーダン・ギャレット、アイシャ・タイラーリー・ワネル、エディ・ガテギ、ギャレット・ヘドランド

美しい妻とふたりの息子に囲まれ、幸せに暮らしていた普通の男は、立ち寄ったガソリンスタンドで、息子が目の前でギャングに殺されるところを目撃してしまう。捕まった犯人の一人の裁判で証言に立った男は、法律では死刑にできないことを知り、自らの手で復讐することを決意したのだが....ってな、クライム・アクション映画?!

愛する息子の死とやり場のない怒り、やがて復讐が復讐を呼び....ってなことで、話はドロドロに!(笑)ありがちな展開なんやけど、これが結構な勢いなんよね。

何たって、久々に主役を張るケヴィンくんの気合が違いまっせ!?(笑)映像的にも、光りの使い方がうまく、なかなかスタイリッシュな雰囲気が出てたね。

まぁ、足がもげたり、指が飛んだり、そんなエゲツないバイオレンスの描写は、さすが『ソウ』の監督やなぁ、って思うんやけど...(苦笑)

細かく見れば、いろいろとツッコミどころもあって、完成された感じは残念ながらないものの、期待せずに観ると、結構楽しめるんよね!これは意外と悪くない。

« 愛おしきB級映画 ② 『ロボゲイシャ』 | トップページ | 『歓楽通り』 »

映画」カテゴリの記事