« 『第9地区』 | トップページ | 『くたばれ!ユナイテッド -サッカー万歳!-』 »

2010年4月18日 (日)

『月に囚われた男』

実は、『第9地区』と同じ日に観た別のSF映画で、なかなか良いのがあったんで、さながら“SF祭り”ってなかんじで、今日はもう一本ご紹介♪

この映画の監督さんは、何を隠そう、あのデヴィッド・ボウイの息子さんなんよね。とか言いながら、最近の人がどの程度、彼のパパさんを知ってるのかは分からんのやけどね。

この作品は、Yahoo!の映画のコメント欄を見ると、結構厳しい意見も出てたし、正直、ちょっと親の七光りで映画撮ってるんかなぁ、なんて“うがった”見方をしてたんやけど、観るとこれがなかなかで!?

同じSFでも『第9地区』のような派手さはないものの、また違ったよさがあって、こちらもちょっとおススメ♪

月に囚われた男 / Moon   ★★★★   (2009年)

監督:ダンカン・ジョーンズ

出演:サム・ロックウェル、ドミニク・マケリゴット、カヤ・スコデラーリオ、ベネディクト・ウォン、マット・ベリー、マルコム。スチュワート、(声の出演)ケヴィン・スペイシー

新たなエネルギー源である月の鉱物の採掘のため、3年契約でただひとり月面基地に滞在し、作業をする男は、任務終了まで後2週間というある日、作業中に事故を起こしてしまう。それをきっかけに、出会ってはいけない二人が会うことに....ってなSF映画?!

話し相手は人工知能を持ったコンピューターしかいない、そんな家族と離れて独り寂しく暮らす男の孤独感、そして偶然に知ってしまったある真実とそこから始まる葛藤、閉ざされた世界の中で描かれるドラマは、何とも切ないんよねぇ。

声だけ出演のケヴィン・スペイシーを相手に、ほぼ独演状態(?)のロックウェルくんの演技は、なかなか深みがあって、味わいがあったかな。

映像的にも安っぽさはなく、こだわりが感じられて、悪くはなかったね。

この作品の良さは、静かな流れのなかで描かれる、主人公(たち)の感情の揺れなんよなぁ。希望と絶望、孤独と友情、切なくもやるせない、そんな人間の心のなかの複雑な気持ちが、じんわりと伝わってくるんよね。

好き嫌いの分かれる作品かもしれんけど、個人的にはかなりお気に入り!?

« 『第9地区』 | トップページ | 『くたばれ!ユナイテッド -サッカー万歳!-』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事