« 『フラッシュバック』 | トップページ | 『命を燃やして』 »

2010年4月13日 (火)

『非女子図鑑』

今日は、ちょっと風変わりな邦画のオムニバス映画をご紹介♪

若手(?)監督さんが女性を主人公にして、それぞれに作った作品をホラー監督として有名な(?)清水くんがまとめる、ってな体裁になってるんやね。

出演陣もベテランから若手まで、なかなかバラエティに富んではいるんやけど....?!

非女子図鑑   ★★☆☆☆   (2009年)

監督:清水 崇、豊島圭介、山口雄大、深川栄洋、川野浩司、オースミユーカ、塚本連平

出演:足立梨花、アナンダ・ジェイコブズ、山崎真実、坂口 拓、月船さらら、田中幸太朗、片桐はいり、菅原永二、ノゾエ征爾、江口のりこ、深水元基、仲 里依紗、佐藤二朗、長谷川朝晴

非女子=ちょっと普通ではない女の子という定義で、6人の風変わりな女性たちを主人公にしたショート・ムービーをつないだオムニバス映画?!

訳あって占いにはまる女子高生、ひたすら闘う女、ノーブラの考古学者、男役のオーディションを受ける女優、混浴好きの女、なかなか自殺できないOL、それぞれに個性的な話ではあるんやけどね。

各エピソードの作り手が違うだけに、1本の作品として評価するのはちょっと難しいかな。完成度がまちまちで、上手く作ってるのもあれば、どうしようもないのがあったりで、まとめると...もう一息なんかなぁ(苦笑)

主演する女優陣では、やっぱり片桐くんのインパクトが強烈やったね。まぁ、彼女の場合は、その存在感が活かせるかどうかってところがポイントなわけで、そういう意味では上手かったかな。

あと、いつも気がつくと脇にいる江口くんも、主役として、さりげなく印象的な演技をしてたかな。

若手監督の青田買いってことなら、この中から将来出てくる人もいるんかもしれんから、試してみてもエエかもしれんけど、くれぐれもお暇なときに....ね!?(笑)

« 『フラッシュバック』 | トップページ | 『命を燃やして』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事