« 『歓楽通り』 | トップページ | 『RISE UP ライズアップ』 »

2010年4月23日 (金)

『ダイブ!!』

今日は、“俳優 林 遣都”つながりで、邦画をふたつほどご紹介♪

どういうわけか、最近すっかり“林くんウォッチャー”になってもうて....(笑)でも、最初の『バッテリー』をからすると、ここまで成長するとは、正直思わんかったね。

まだまだキャリアは浅いものの、日に日に“役者らしさ”が感じられるようになってるところが、なんか将来を期待させるんよ。

中途半端にTVドラマなんかに流れず、映画俳優になって欲しいもんやね!?

ダイブ!!   ★★★☆☆   (2008年)

監督:熊澤尚人

出演:林 遣都、池松壮亮、溝端淳平、瀬戸朝香、光石 研、蓮佛美沙子、江守 徹、山崎将平、福田雅也、池田 純、瓜生美咲

飛込みが好きな普通の中学生、元オリンピック選手の父をコーチに持つサラブレット、青森からやって来た野生児、同じチームに所属する3人の少年たちは、クラブ存続のために高飛び込みでオリンピックを目指すことになるのだが....ってな、スポーツ青春ドラマ?!

親の期待を背負っていたり、逆に誰にも期待されたことがなかったり、元選手の祖父の背中を追いかけていたり、それぞれの個性を持った若者たちが、時にぶつかりながらも、切磋琢磨し、ひたむきに競技に打ち込む、なんや爽やかな話やねぇ(笑)

そんな主人公たちを演じる若手の俳優が、よう頑張ってるんよなぁ。特に林くんと池松くんの演技は、なかなかやったね。

この当時、デビューからわずか2年の林くんの成長ぶりには、ちょっと感心してもうた。まぁ、最初がそれだけひどかったんやけどね(苦笑)

この作品では、そんな若手のノビノビした演技の脇で、光石くんや瀬戸くんが、しっかりと押さえるべきところを押さえてるところがナイスやったかな。

作品として残念やったのは、肝心の盛り上げるべきところの演出が、ちょっとベタすぎて、ズッコケてもうたところやね(苦笑)所々でいい感じやっただけに、もったいなかったなぁ?!

あらゆる下らない“しがらみ”を越えた、競技者のみが知る瞬間、なんとも神々しく、美しい世界があるんやろなぁ....それがまさに青春ってか!?間違っても10メートルの飛び込み台の上に立つ気はないんやけど....(笑)

« 『歓楽通り』 | トップページ | 『RISE UP ライズアップ』 »

映画」カテゴリの記事