« ジョニーくんとバートンくんの仲良しコンビ ③ 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 | トップページ | 『MW-ムウ-』 »

2010年5月 6日 (木)

『恋人たちの予感』

今週のおススメ恋愛映画ってことで、ラブ・コメを語る上で、どうしても避けては通れない作品を、今日はご紹介♪

好き嫌いが分かれるものの、メグ・ライアンがこの路線で一時代を築いたのは事実やし、彼女がブレイクしたキッカケにもなった作品ってことで、今更ながらではあるんやけど、おススメしとこうかなぁ....ってね?!

恋人たちの予感 / When Harry Met Sally   ★★★★   (1989年)

監督:ロブ・ライナー

出演:ビリー・クリスタル、メグ・ライアン、キャリー・フィッシャー、ブルーノ・カービイ、スティーヴン・フォード、リサ・ジェーン・パースキー

ひょうんなことからNYまで一緒にドライブすることになった男と女、正反対のふたりに共通点はなく、お互いに最悪の第一印象だったが、そんなふたりが幾度となく再会し、やがて親友となり....ってな、十数年の間に繰り広げられる男女の関係を描いた、ちょっぴり大人(?)な恋のお話?!

この作品のおもしろさは、何と言っても主人公ふたりの会話やろうね。男と女のそれぞれの視点から見た本音が、小気味いい会話のなかに盛り込まれてるんよなぁ。まぁ、すべてが真実やとは思わんのやけど、それなりに的をえてて、興味深かったりして。

「男と女の間に友情は成立するか?」なんて問いかけは、シンプルでありながら、なかなか深いものがあるやんね?!

そんな会話ドラマを見事に成立させてるのは、芸達者なビリーくんのマシンガン・トークと、70年代から80年代後半までの衣装で、キュートな魅力を振りまくメグ嬢の存在やろなぁ。

NYの様々な表情を背景にしながら、Jazzyな音楽でおしゃれに彩るあたりも、ええ感じで雰囲気から作品を盛り上げてる。

まぁ、今観なおすと“いかにも”な展開ではあるんやけど、愛に迷い、遠回りしながらも、大切なものを見つける、そんな話はロマンチックでエエんよね!?(笑)

« ジョニーくんとバートンくんの仲良しコンビ ③ 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 | トップページ | 『MW-ムウ-』 »

恋とか愛とか...」カテゴリの記事