« ジョニーくんとバートンくんの仲良しコンビ ② 『チャーリーとチョコレート工場』 | トップページ | 『恋人たちの予感』 »

2010年5月 5日 (水)

ジョニーくんとバートンくんの仲良しコンビ ③ 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』

『チャーリー~』があって、『パイレーツ~』の続編があって、この作品が公開されたときは、「また白塗りかよ....」ってな声が巷で聞かれたんやけど、不思議なことに、今回のアリスの時は、それほどでもなかったような気が....。

きっと、それだけジョニーくんの白塗り趣味が、世間的にも受け入れられてきたってことなんやろかねぇ....なんて(笑)

そんなこんなで、お次の作品は、元ネタがブロードウェイのミュージカルでトニー賞を受賞した作品ってなことで、歌もあったりと、こちらもそれなりに話題になった作品で、その感想は....?!

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 / Sweeney Todd The Demon Barber Of Fleet Street   ★★★☆☆   (2007年)

監督:ティム・バートン

出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム・カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サーシャ・バロン・コーエン

無実の罪で投獄され、妻と娘を失った男の復讐劇を描いたミュージカル・サスペンス。憎むべき判事を殺すことだけを考え、理髪店で次々と人殺しを重ねる...そんな男の愛憎でドロドロと、ってね。

オープニングから不気味さが漂い、ダークな感じがエンディングまで続く、あぁ、これまた見事なまでのバートン・ワールド.....なんて素敵!?(笑)

時折みせるカメラワークが秀逸で、とっても雰囲気がある作品やったね。

そんな監督が描く世界の中で、すっかり“白塗り”がマッチするようになったデップくんが、歌って、暴れて、大騒ぎってか!?

実はちょっと心配してた歌唱力も、パートナーのヴァネッサ嬢の手ほどきを受けた(?)のか、期待以上にまともで、逆に脇役のみなさんの歌声がインパクトがなくて、物足りんかったね。

評判どおりの血生臭いシーン連発で、ちょっと映像的にはエグかったかなぁ。ミンチとはねぇ.....想像しただけで、食欲が失せてまうやんね(苦笑)

全体的には悪くないんやけど、ミュージカル映画としての完成度という点では、もう少しやったかな...?!

« ジョニーくんとバートンくんの仲良しコンビ ② 『チャーリーとチョコレート工場』 | トップページ | 『恋人たちの予感』 »

特集?!」カテゴリの記事